空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

心の中の、温かい場所

 14日の夜、元SMAPファンの親友からLINEがきました。

「すばるくん、大丈夫?」と。

某週刊誌の記事がネットニュースに流れていたのでそれを読んだのでしょう。

そう送ってきた友人に、

「辞めるという事に、一番信ぴょう性が無い人だと思う。」と私は返しました。

すばるくんがメンバーの事を思う言葉を聞くたびに、優しい人だなとずっと思っていて、一番辞めない、辞める事は無いだろうなと思っていたので。

某週刊誌の記事(今は嫌悪感があり、名前を書くことさえ嫌です。)の内容を見て、鼻で笑ってしまっていたのです。私は。

取ってつけたような理由、くだらない、と。

友人に、「紙面の無駄」とさえ言いました。

 

本当に、すべて虚偽だろうと思っていたのです。

記事も、ジャニーズを辞めるという事も。

 

 

そして15日。

普通に、何気ない日曜日を迎えました。

朝の9時台にFC会員宛てに来ていたメールを、マナーモードにしていた為気づけず、私が「すばるくんがジャニーズを辞めてしまう」という事実に気付いたのは、12時も半ばを過ぎてからのことでした。

毎週の楽しみであるニチアサからの、前日に放送があった特番を流し、ご飯を食べ、さて次は何を見ようかな、その前にTwitterのTLを追っておくか~~なんていう、気軽な気持ちでスマホを操作してTwitterのアプリを起動させました。

そして、自分のTLがエイターの皆さまの悲しみと戸惑いで溢れていることに気付きました。

「すばるくん」「なんで」「悲しい」「つらい」

一瞬で把握しました。

理由は何にせよ、某週刊誌の記事の「辞めてしまう」という事が本当だったのだと。

 

 

TLを追いながら、皆さんの思いを読みました。

読みながら、「そうか、そうか・・・」と呟いている自分がいました。

いや、言い聞かせていたのだと思います。

納得しなきゃ、理由を読み取らなきゃ、と。

とにかく、Twitterを読み続けました。

1時間くらいは、ずっと追っていたと思います。こういう時の時間て、信じられないくらい早く過ぎていくんですね。

時計を見たら気づいたら14時近くになっていました。

そして、そこでメールに気付いたのです。発表になる11時より前に、ファン向けに送られたメールに。

私の携帯がメールを受信したのは9:35。

エイターの皆さんも同じくらいの時間にそのメールを受信していたのですよね?

11時になるまで、どれだけつらい時間を過ごされた事でしょう。

エイトの皆もそう。

11時にはファンに分かってしまう。それまでの時間、どう過ごしていたのだろう。

私、ふつうにニチアサを見て「ルパンブルーかっこいい!」とか思っていたのですよ。

特番見ながら「京都行きたいな~」とか言っていたんですよ。

知らぬ間に、状況が大きく変わっていたのだと思うと・・・

 

ログインする時、怖かった。

こういう時に、手は震えてしまうのだな、と。他人行儀的に思いました。

震える手でFCサイトにアクセスし、彼らの言葉を読みました。

 

TLを読んで事実を把握し、TLを追っている時も涙は全く出ませんでした。

どこか現実味がなかったのでしょう。

マスコミをも巻き込んだ盛大なドッキリかと思ってしまったくらいです。

「なーんちゃってー!」と、いつものように笑ってくれる7人が浮かんでしまうくらいには信じたくなかった。

でも、文章を読むと、堪えることが出来ないものがありました。

泣いてしまいました。

 

簡単に書けるものでは無かったでしょう。

すごく時間のかかったものだと思うし、書いている間、どんな思いを抱えていたのか。

きっと彼らの事だから、これを読み、涙を流すファンの事も思いながら書いていたのでしょう。

そう思うと、どうしようもなく泣けてきました。

 

 

すばるくんの決断。

大好きな場所から離れて、自らを叱咤して旅立とうとする彼を、すごくかっこいいと思う。

応援したい。大好き。

6人になる関ジャニ∞のみんなも。

大好きで堪らないから、応援したい。

 

そう思っている自分もいます。

でもこれは、もうすぐ30歳を迎えようとする女の、見栄です。建前です。

本音を申しますと、非常に寂しくて溜まりません。

次、ドームに立つ彼らを見る時には、すばるくんは居ないのですよね?

え、意味分かんないんですけど・・・

OP映像で、すばるくんが登場して「きゃー!」と色めき立つことも、7人の姿をこの目で捉えて「始まるんだ~~!」と喜ぶことも。

現段階の発表だと、もう無いのですよね?

関ジャニ∞のすばるくん」は7月14日で終わってしまうということなんですか?

想像したら、すごく、虚無感に襲われます。

信じたくないし。

待って、行かないで、って思う。

7人が好き。7人でいて欲しかった。

歌を聴きたい。

すばるくんの声が聴きたいよ。

神様。

私、毎日仕事場であなたにお祈りしているんですけど。

何で願いを叶えてくれないんですか。

 

 

でも、涙は出ない。思考が追い付かないのです。

 

 

現実を受け止めろというお叱りが飛んでくるかもしれませんが、受け止めたものを消化できるかはまた違うのかもしれません。

私にはまだ、事実を消化できる気がしませんし、これからの関ジャニ∞を楽しみに思う気持ちは沸かない。

いや、楽しみに思う気持ちもあるとは思うんですけど、それが奥底にあるかんじです。

今はひたすら、寂しい。

心が見えるのであれば、きっと大きな穴が開いていることでしょう。

そこからどんどんと、出ていくものがあります。

いつか閉じるのかもしれませんが、まだもうしばらく、時間がかかりそうです。

 

 

 

 

ここにも何度か書いたと思うのですが、私は以前、とあるグループが大好きでした。

その人たちは、私がちょうど20代に差し掛かる頃、毎日の看護の勉強の中で疲弊している私を、励ましてくれる存在であった人たちでした。

でも、彼らはとある時期を境に活動を休止しました。

そして、とある時、驚くべき知らせをファンに伝えてきました。

メンバーの一人が、半年前に脱退していた、というものです。

 

関ジャニ∞のようにドームに人を呼べるようなグループではありませんでした。

ライブをするにも、小さい箱です。

ファンの顔の多くも、見知った人ばかり。

比べるなよ、と言われそうですが、私にとっては本当に大切な人たちでした。

 

脱退したメンバーからの最後のアクションは、文章のみ。

半年前に居なくなった人からの報告です。

もう一度会いたくても、姿が見たくてもそれは叶うことが無く、文章のみでその事実が伝えられました。

ファンは、半年間、何も知らないでいたのです。

 

ファン数も違うし、状況も違うし、同じだとは言えない。

でも、あの時の悲しみといったら・・・

今でも覚えています。

 

また誰かを見送る事になろうとは、思っていなかった。

会いに行きたくても、突然終わりがやってくる事も、

会えなくなってしまう事も、

だからこそ、会いに行ける機会を大切にする事も。

全部知っていたし、メンバーの一人が突然いなくなってしまうという悲しみも知ってはいました。

でも、二度目でもつらいのは変わらないんだな、と思います。

 

あの時より、年を取ったんですけどね。

根本は、変わらないですね。

あの時も泣いたしつらかったけど、今も同じ。つらい。

 

 

 

1日経ち、いつも通りの月曜日を迎えました。

涙は、出ません。

FC宛てのメンバーの言葉を見た時に泣いたのを最後に、全く涙が出ません。

薄情者と言われてしまいそうなのですが、本当に涙の一つ、出ません。

 

お恥ずかしながら、私は、恐らく皆さんより熱量が低いファンでした。

メンバーそれぞれのレギュラーラジオも、眠たいから聴いていなかった。

レギュラー番組も、リアルタイムで追っているのは殆どなく、ほぼ録画でした。

それも、数週間遅れてチェックする事もありました。

ジャムのDVDも、ゆっくり見ていってたんです。まだ全編観れてさえいませんでした。

テレビ誌はじめ、雑誌のチェックも殆ど出来ていませんでした。

 

自分の中で、以前好きだったグループの活動休止・メンバー脱退という事実がどうしても消えなくて、

思い入れを強くする事を避けていました。

でも、皆さんと同じように、彼らの事が大好きでした。

好きで仕方ありませんでした。

 

仕事関係の事で色々とあり、しんどかった私を、元気づけてくれたのは、関ジャニ∞の7人です。

感謝の気持ちでいっぱいなのです。

ずっと。

 

私が以前、ここに書いた彼らへの思い。

読み返したのですが、全く変わっていない。

 

 

関ジャニ∞の皆さんへ。

 

私に、元気をくれて、笑顔をくれて、ありがとうございます。

 またコンサート行きたい、そのためにも毎日頑張ろう!と思わせてくれて。

優しくて、賢くて、私に沢山のものを教えてくれるエイターの皆さんに出会わせてくれて。

 今まで見たことが無かった鮮やかな色の世界を見せてくれて。

 沢山の幸せをくれて。

 

本当にありがとう。

 

 熱心なファンとまではいきませんが、これからも応援させてください。

 貴方たちの音楽があれば、笑顔があれば、きっと私はこれからも、自分なりに明るく、楽しく生きていけると思います。

 だからどうか、7人には温かい場所で笑っていて欲しいな、と思います。

 

優しくて不器用な彼らが、少しでも多く、笑顔でいられる時間を過ごせるよう、願います。

 

 

 

 ほぼ1年前の私が書いた言葉です。

この時から気持ちは変わらず、そのままです。

ずっと応援させてほしかったよ・・・7人を。

 

私にとって関ジャニ∞は、「心の中にある、温かいもの」でした。

彼らが居ないと生きていけない!とか、生きていく糧とか、そういうかんじでは無くて、

すぐそこに居てくれるように感じる人たちでした。

 

彼らの事を考えると、温かい気持ちになれた。

家族でもないし親友でも無いのに。

私の事を知らない人たちなのに。

7人の事を考えると、すごく温かい気持になれたんです。

 

仕事で疲れたな~とか、今日はもう無理だな~とか、ネガティブな気持ちになった時に、彼らの事を考えると、今までの暗い気持が嘘のように吹き飛んでしまう事が何度もありました。

楽しいな、嬉しいなというポジティブな時でも、彼らの笑顔を見ると、気持ちが更に上がるのです。

 

不思議な事です。

人生で、そういう存在に出会えてる事、幸せなんだろうな、と思います。

 

だからこそ、今は、その「温かいもの」の一つが失われているような感覚です。

私の心の中にある、7人の大切な人たち。

時期がくると、その大切な一人と、さよならしなきゃいけないんですかね・・・

そんなの嫌だな。

寂しすぎる。

 

すばるくん。

貴方の歌は、「いのち」です。

言葉に魂が籠り、唯一無二の輝きを放つ声です。

もっと聴きたかったです。

すばるくんの歌を。関ジャニ∞としてのすばるくんの歌を。

 

大好きで、大切な場所から離れていく決断をしたすばるくんを、私は嫌いにはなれません。

嫌い、好きという言葉で区別したくない・・・

なんというか、大切で、心の一部みたいな存在だったのです。

すばるくん。

ずっとあなたの事が、大切です。

これからもずっと。

 

 

すばるくんと、6人の気持ちや身体が、心配。

まだ無理かもしれないけれども、いつか、ずっと先でもいいから、必ず、7人がいっぱい笑える日がくることを願います。

むしろそんな日が早く来て。

横山さんの涙を見ると、私の心臓は血が流れるかのように痛くなります。

怖くてテレビが見れません。

某週刊誌さんには恨みしか無いので廃刊になって欲しいくらいです。

4月10日から、発表出来る15日までの間、週刊誌にファンが踊らされているのを見ていたかもしれない。

週刊誌さんのせいで要らぬ詮索を受けたかもしれないかと思うと苛立ちを通りこして恨みそうな勢いです。

 

7人に、温かい拠り所がありますように。

 

フォロワーさんはじめ、エイターさんのお心も体も、心配です。

傷ついたり苦しんだり、悩んだり、色々な思いを抱えていらっしゃるであろう事が、すごく伝わります。

泣きもしないお前と一緒にするなと言われてしまいそうですが、どうか、少しでも穏やかな気持ちで過ごせる時間がありますようにと願わせてください。

 

涙が出てこないのは、きっと、私以上に私の気持ちを代弁してくれるかのような、優しいエイターさんの言葉を読んでいるからだと思います。

言いたい事、思う事、堪えている事、全部、周りのエイターさんからあふれ出しています。

冷静で居られるのは皆さんのおかげです・・・。

心強いです。

いつもいつも、ありがとうございます。

 

 

 

私の地元は、瀬戸内海のすぐそばです。

今日も海は穏やかでした。

外を歩くと、潮の匂いがしてきます。

その穏やかな海を、漁船やタンカーが行き来しています。

遠くには、瀬戸内の島々が見えます。

私の大好きな場所です。

ここにしかない景色です。

 

朝日に照らされた波を見ながら、大好きな7人やエイターさんの涙が止まって欲しいなと思いました。

優しい人たち。

明日も容赦なくやってきますが、どうか、貴方に温かい拠り所がありますように。

 

お化粧初心者エイター、肌診断を受ける

前回のパーソナルカラー診断に続いて、今回は肌診断です。

 

dropblue0212.hatenablog.com

 

パーソナルカラー診断を受け、さぁ次はどうしようかな、とずっと思っていたのです。

デパートに寄れそうな日があったので、折角ならデパコスカウンターに行きたいな、と。

でも、この間コスメをいっぱい買って満足したし、コスメはしばらく良いかな、じゃあどうする・・・と悩みつつ、「肌診断受けてみようかな」と思い至りました。

 

 

 

自分の肌の悩みは、Tゾーンのテカリ。毛穴。なのにすぐ乾燥する。

インナードライ気味なんだと勝手に解釈していました。

夏どころか冬場でも、すごい皮脂が出てるんだろうな・・・と鏡を見ずともわかるようなベタつき加減。

なのに頬とかは乾燥している。

今は落ち着いていますが、酷い時は頬が粉をふいていたりしていました。

 

テカリ、毛穴、乾燥など、トラブルいっぱいの肌がすこーし落ち着いてきたので、ちょっとプロの診断を受けてみよう、と。

トラブルに困りまくっている時に診断してもらうのも良いのかもしれませんが、せめて少しは見せられる肌にしてから行きたかったというか。

変なプライドです(笑)

 

お化粧選びをするにも、折角似合う色を知ってもそれをのせる肌が大荒れでは切ないですもんね・・・

なので、自分の肌の状態を知るためにも、肌診断に行くことにしました。

 

 

 

 

肌診断をしてもらえるブランド、色々あるんですね。

機械だけじゃなくて、BAさんの手で触れてもらって診断してもらえたりもするようです。(クリニークかな?)

肌診断初心者なので、ここは誰もが知っているブランドにしよう、と思い今回は「資生堂」さんに決めました。

 

 

私が行った時、BAさんは他のお客さんの対応をしていらしてしばらく待っていたのですが・・・

資生堂の商品、本当に沢山あるんですね。

ファンデで「インテグレート」を使ってるので馴染みはあったし、知り合いに資生堂のBAさんがいるのですがカウンターに寄るのは初めてでした。

ピコシリーズとかもすごく可愛くディスプレイしてあったし、スキンケアも本当に迷うくらい沢山あって驚きました。

ジャムツアーのDVDが出た時に、丸ちゃんのスキンケアが「dプログラムでは?」ってTwitterとかで流れていましたけど、それもちゃんと売っていました。

あとコスメも、マキアージュはじめ、カウンターでしか買えない資生堂ブランドのやつとかもあって、待ち時間が気になりませんでした。

 

結構待って、ロングヘアの優しいかんじのBAさんが声をかけてくれました。

「肌診断を・・・!」といきなり言うのは気が引けたので、「スキンケアを悩んでる」と伝えてみました。

たぶん、私が必死なのをわかってくれたのでしょう、「カウンターでお話ししましょう」と誘ってくれました。

資生堂のカウンター、シンプルですごく綺麗だった。

 

「今の肌の悩みは何ですか?」と聞かれたので、

Tゾーン中心の毛穴が目立つ。テカる。夏場冬場関係なく、テカっているかんじがある
・頬は乾燥しがち。
・脂性肌にみえるけど実は乾燥肌なんじゃないかなと思っている

 

と伝えました。

BAさんはうんうん頷きながら聞いてくれて、「機械を使って、実際はどうなのか見てみましょうか?」と提案してくれました。

 

資生堂には肌診断が2種類あるようなのですが、今回してもらったのは簡易版の方。

Handy Skin Sensorというものをしてもらいました。

 

生まれ年を伝えて、顔の片方だけのメイクを落としてもらい、機械をあてて4か所くらい撮影?してもらいました。

メイクの落とし方まですごーく丁寧でドキドキでした。

全行程優しくて。

機械を当てる時も「失礼します」と言ってくれるし、「資生堂すごいな・・・」と感動してしまいました。

 

結果はすぐ出ました。

一番気になっていた「乾燥肌ではないか」という事。

結果としては、「乾燥はしていない」ということになりました。

 

水分量、ハリともに90点台くらい。

「乾燥はしてないですし、むしろすごく良い状態だと思いますよ~~」と言われて困惑してしまいました。

ずっと乾燥肌だと思っていたんですが・・・違うの・・・!?と

 

他の結果としては、透明度が20点台と低い状態だったのと、「目の周りは乾燥しがちですね。」と言われました。

NARSのBAさんにも「目の周り乾燥してる」と指摘されてアイクリームは使っているのですがどうしても忘れてしまっているツケが出たかんじでしょうかね・・・。

自分の肌はくすんでいるな、という自覚はありました。

いざ数値で出るとショックというよりも、「あぁそうだったんだ・・・」というかんじでした。

 

BAさんには、

・今のスキンケアは合ってる。だから、それにプラスして何かするのでいい。

酵素洗顔を使って、アルコールフリーのスキンケアを使用しているとは伝えていました。)

・気になるTゾーンは、メイクは優しく落とすけども、ちゃんと落としきることを忘れずに。丁寧に落とすのが必要。
・目の周りの乾燥があるから、目までちゃんと労わってあげる。
・毛穴を小さくするケアをして、皮脂が出ないようにすればいいので収斂化粧水を使えばいいのでは?

 

という事を教えてもらいました。

 

収斂化粧水、資生堂のトーニングローションを試してみたんですが、恐れていたアルコールは全く影響なさそうでした。

アルコールフリーのものに変えてからというもの、アルコールには敏感になってしまいビクビクしたのですが、すっとするけど刺激されるかんじはなかったです。

すごく良いものなんだろうな~というのは分ったんですが何ぶんお財布と相談するとどうしても購入出来ず。

お断りしてしまったのですが押し売りされることは全く無かったので助かりました。

おすすめしてくれた品を断ったのに、メイク直しで使ってくださったファンデと下地のサンプルを付けてくれてとてもありがたかったです。

 

 

初の肌診断でしたが、思った以上に納得させられたり考えさせらえることが多くてとても勉強になりました。

何より、美容に対するモチベーションが上がるというか・・・

今の状態は決して悪くないと言ってもらえたので、すごく前向きな気持ちになりました。

 

あと、BAさんが優しい・・・。

今までお会いしたBAさん、どこのブランドの方もみんな優しくて凄いな、と思います。

お化粧初心者の自分にもすごく優しくしてくれるのが有り難いです。

 

今は、プチプラ傾向だけどいいかんじの収斂化粧水を探しています。

毛穴を引き締めないといけないそうなので・・・。

良いのに出会えるといいんですが。

下地も、セザンヌのを使っているもののどうしても夏場は崩壊しそうになっていたので今から怖いです。

色々と悩むのですが、いつかベストなコスメに出会えたらいいなぁと思っております。

 

 

ベストアルバムとツアーも発表されましたし、横山さんの映画も情報解禁されて本当に今から楽しみです。

まずはツアーに当選しなきゃいけないんですが(笑)

でも、良い夏になればなぁと思っています。

個人的には体力をつけないと。去年の二の舞、夏バテ・喘息悪化で入院待ったなしみたいになるのだけは嫌なので、今からバランスのいい食事をとって、運動もして、頑張って体作りをしたいと思います。

楽しみましょうね。

 

お化粧初心者エイター、パーソナルカラー診断を受ける。

このたび、わたくし、

 

「パーソナルカラー診断」

 

というものを受けてきました。

数年前の自分に言ったら絶対に驚くだろうと思います。

お化粧の「お」の字も知らないような地味女子が、ついにパーソナルカラーに踏み込んでしまいました。

 

お化粧をするきっかけは、ジャニーズを好きになり自分磨きに興味を持ったから。

引きこもり体質の私がコンサートに出かけるようになり、外に出歩くのが好きになったからなのです。

そして、興味を持ち勉強し始め、最近はTwitter・ブログ(♯ジャニオタとコスメには大変お世話になっています。)だけでなく、

コスメサイト、コスメのSNSなどもチェックするようになりました。

そして美容誌まで。

まさか、ページの最初から最後まで美容のことばかり書いてある雑誌を手にとる日がくるとは思いませんでした(笑)

 

そんな私の前に最近ずーっと立ちはだかっていたのが、「パーソナルカラー」でした。

 

コスメ関連の話題で、「イエベ」「ブルべ」「夏」「秋」など、見たこともない言葉が飛び交っている。

とあるコスメが気になり検索すると、「パーソナルカラー別おすすめ」なるものが書いてある。

SNSでも、美容アカウントさん中心に、プロフィールに「イエベ春」「ブルべ冬」なる言葉が当たり前のように書いてある。

 

意味が分からず、調べました。

造語かと思ったのですが、違ったんですね。

基本的には4種類あり、深く分類していくともっとある、と知りました。

 

で、自分は何に分類されるのだろうと思いネット診断というものに頼ってみたのですが

 

「肌の色はどちらかに近いですか? ローズ系orイエロー系」

「あなたの瞳の色は?」

 

などなど、今迄聞いたたことのないような質問がくるではありませんか。

自分の瞳の色とか気にしたことなかったんですけども・・・皆さん気にしているものなんですか?

半ばやけくそに、色々なツールで診断してみましたが「夏」「春」「秋」と診断するたびにころころ変わる。

ほとんどの診断で「夏」「春」と出て、たま~に「秋」が出るかんじでしたが、それでも定まらず、分かりませんでした。

 

おすすめのコスメについて知りたくても、色味によっては似合わないかもしれないと思うとつらくなったり、

美容誌もパーソナルカラー別に解説されても自分のが分からないからどれを読めばいいか分からないし・・・

 

とにかく、これはもう、パーソナルカラーを知るしかない、という決断に至りました。

そして、今度はどこで診断するか、です。

 

フォロワーさんから以前、デパートでも出来るところがあると聞いていたので、遠征ついでに大阪か東京でしようと思ったのですが予約が取れず。

行く日に取りたくても激戦すぎて取れず・・・そうしたらば遠征が無いと診断出来ない。

でも待てない。

じゃあどこでするかというと、自分の住んでいる場所から近い、個人のところしかない、という事になりました。

 

県内のサイトを色々とみて、値段と行ける距離なのかとかも総合的に考慮して、一つの場所を候補とし、そこに予約をしました。

かなり後まで埋まっていたので、何とか滑り込み、というかんじでしたが、運よく枠が空いていてそこで診断してもらうことが出来ました。

 

以下、わたくしのパーソナルカラー診断体験記になります。

とても長いと思うので、お時間がある時に是非ともどうぞ。

とにかく、勉強になることだらけでした。

 

 

 

 

 

私が診断をしてもらった場所は、個人の先生がしているサロンです。

先生のご自宅の一部がサロンになっていました。

こじんまりとしているけど可愛らしくて、とても明るい雰囲気の場所でした。

先生は知的で穏やかな語り口調の人で、和やかな雰囲気の中、診断が始まりました。

 

まずはじめ時に、簡易的な色に関するアンケートに答えました。

好きな色、嫌いな色、気になる色。

改めて問われると難しかったのですが、やっぱり横山さんカラーの「黒」は外せず、最近黒ばかり着ていたので(診断当日も服はほぼ黒)、「好きな色:黒」と書きました。

あとは紺色と水色が好き、と回答しました。

紺とか水色は好きで、多分似合うだろうなぁという自覚がありました。

嫌いな色は赤とピンク

赤のものは、記憶にある限り赤白帽とかランドセル以外、身に着けたことがありませんでした。

ピンクは、「THE女の子」のイメージが強くて、私は昔から苦手意識がありました。

 

好みの色って、自分のフィーリング的なものだと思うのですが、「わりと的中したりする」と言われました。

嫌いな色=似合わないと自覚して選んでない、それがパーソナルカラーにのっとっていたりもする、と。

でも、実は嫌いな色が似合うこともあるんだよ~と。

「ピンクとか似合わないでしょう私・・・」と思っていたのですが、後でそれが覆されることになりました。

 

 

そして、パーソナルカラーの4分類それぞれの説明。

特徴を教えてくれました。

「春:スプリング」は春の温かい日差しのような雰囲気の人。

「夏:サマー」は梅雨のイメージ。雨の向こうに絵の具の色が見えてるようなかんじ。

「秋:オータム」は渋くて深い。

「冬:ウィンター」は原色、モノトーン。先生は、「周りには中々いないかんじ。芸能人の人とかに多いかんじだね。」と仰っていました。

 

その後、パーソナルカラーそれぞれの洋服・化粧品・アクセサリーの具体例(分類毎にコラージュされていました)を見せてもらったり、

似合わないもの(自分のパーソナルカラーでないものを選んでいる)を身に着けている具体例を見せてもらったりしました。

「パーソナルカラーに合わないものを身に着けるとどうなるんだろう」と疑問に思っていたのですが、実際の写真を見ると確かに違和感があるというか、何だかちぐはぐさを感じました。

素人目で見ても、「何だか変・・・」と思うので、専門家から見るとより感じるのだろうな、と思います。

やはり、似合う色を知ることは重要なのだと再確認しました。

 

そして、基本的な事を教えてもらったところで、ドレーブ(布)を使っての診断。

鏡の前に座って、季節毎の布をあてて顔の変化をみていきましょう、と。

滑り止めのエプロンみたいなのをつけて、前髪を固定して。

すっぴんなのにさらに前髪まで上げられたらもう直視出来ないよ、と内心思っていたんですが、ちゃんと見ないとわからないだろうと我慢して自分の顔を凝視しました。

 

そこで、とある事に気づきました。

 

「思った以上に、自分の顔って黄色みがない・・・?」

 

私はずーっと自分の顔は、黄色っぽいんだろうなと思っていたのです。赤みが差していない顔だと。

自分のパーソナルカラーはオータムだと思っていたので。

イエベかブルべかでいえば、肌の色が黄色いからイエベ、スプリングみたいな明るい色は普段選ばないし着た事ないだろうから多分オータムだろうと。

 

でも、鏡で見る自分の顔は黄色っぽさがあまり無くて、頬に赤みがさしている。

普段、メイクのせいなのか目の周りがえらく黄みがかっているなぁと自覚していたのですが、すっぴんだとそうでも無さそう。

「私のパーソナルカラーは一体何?」と混乱しながら診断が始まりました。

 

まず、先生が取り出してきたのは緑のドレーブ。

4種類あり、1枚ずつ顔にあてていきますね、と言われました。

「本当に色とか変わるのかなぁ」と半信半疑でした。

事前に色々と情報収集したんです。

実際にどんなものか知りたくて。

私が一番読んだのはジャニオタさんがパーソナルカラー診断を受けた時の記事。

何人か記事にまとめていらして、楽しく読ませていただいたんです。

みんな「顔色が明らかに、違う」と書いていました。似合わない色の布をあてられると、本当に似合わないなとわかる、と。

 

正直、「大げさじゃない?」とか思ってました。

誇張してるんじゃないの?と。

でも冗談でなく、本当に顔色が変わったのです。

本当です。

 

診断中はメモを取らなかったので、記憶が曖昧なのですが・・・

 

オータムの緑。

裸眼でぼんやりの私でも、ぼーっと見ていても顔の色が少し変わったように見えました。

診断中は眼鏡をはずしていたので、凝視してもはっきりとは見えませんでした。

先生は数回あてたり、戻したりを繰り返していました。

そして、眼鏡をかけて確認させてもらいました。「顔をよく見ててね。」と言われ、しっかりと見ました。

何もしていない状態から秋の緑を顔の近くにもってくると、顔がよどんだ色になりました。

あまりの顔色に、思わず吹き出してしまう私。

 

先生は次に、ウィンターの緑をあてました。

病人のように白っぽく、暗くなる私の顔。とてもじゃないですが直視出来ませんでした(笑)

 

そして、サマーの緑。

何だかいいかんじに見えました。

スプリングの緑をあてても、いいかんじ。この、スプリングの緑が「私が好きな色だな」と思いました。

でも先生は、春⇔夏とチラチラと布を変えながら、「春から夏に変わる時の変化を見てくれる?」と言いました。

スプリング。

ふつうの顔に見えました。

そしてサマー。

ぽっと、頬が色づいているように見えました。

(後から考えると、スプリングの緑が自分の肌を黄色っぽく見せていたのかな?と。もともと何もしていない状態で頬が赤かったので、それをスプリングの色が打ち消していたのかな?と思うのですが)

「えっ!?」と私が驚いていると、「もう一度いきますね~~」と。

やっぱり、スプリングからサマーに変わる時に、頬が色づいているかんじになる・・・!!

あと、スプリングのほうは少し黄色っぽく見えるかんじがするのに、サマーのほうは顔に透明感が出てるというか、トーンが明るくなっているように見えました。

「春も悪くないけど、断然こっち(夏)の方がいいですね。」と先生は言いました。

 

 

次は黄色。

 

オータムの黄色をあててもらうと、顔がすごく黄色く変わりました。

バナナみたいな濃い黄色だったんですが、それをあてるとびっくりするくらい、顔色が一気に黄色になりました。

「え?なんで?」と戸惑うレベル。

そして、ウィンターの黄色もノーコメントといいたくなるくらい似合わない。

次は、スプリングとサマー。

やっぱり、色的には断然スプリングの黄色が好きでした。

サマーは、少し寂しいかんじの色合い。黄色を薄くしたようなかんじの・・・(先生は、グレープフルーツみたいな黄色と表現していました)

でも、顔にあてると変化が分るんです。

春はいいかんじでしたけど、でもやっぱり夏の方がしっくりきました。

「スプリングも悪くはないけど、顔の一部が少し黄色く見えちゃうね。やっぱりサマーの色が良いと思います。」と先生に言われました。

 

ここらへんで、「私はサマーなの・・・?」と思い始めました。

おかしい。

私の予想では自分は「秋」でした。

しかも、サマーだと「ブルーベース」になってしまう。

私の肌は青みがかっていない。おかしい。と混乱しておりました。

 

 

最後はピンク。

サマーのピンクは、今までの自分だったら絶対に選ばない、むしろ避けてきたような色でした。

「もしパーソナルカラーがサマーだと、これが似合うの?」と思ってしまうような可愛い明るい色。

今まで化粧品とかでも選んだことがない色だったんです。

ドレーブを見ても、スプリングのピンクが絶対好きな色。

でもやっぱりサマーのピンクをあてると顔に透明感が出るし、華やかに見えるんです。

あと、驚いたのが「サマーのピンクの色と、唇の色、近いでしょ?」と言われた事。

自分の唇がどんな風か気にしたことが無かったのですが、確かに自分の唇の色とすごく近い色をしていました。

ここで、「あぁ、サマーなんだな」と確信しました。

 

確認のため、他の3種類のピンクもあててもらいました。

スプリングのピンクだと少し顔の印象が寂しくなるね、と言われました。

何だかぼやーっとしているような、そんな印象。

オータムは、色黒になりました。日焼けしたかのように。びっくりしました。

ウィンターはもう、これは無理だという病人顔。

「こういうピンクの口紅を塗った時、同じように青白くなりました」と言うと、

「それはウィンターの色だったからだろうね。」と言われました。

 

3種類の色をあてて、しっかりわかったので診断は終了。

診断は、サマー。スプリングも悪くないというかんじらしく、1st夏、2nd春という診断になりました。

 

 

診断が終わり、すぐ聞きました。

「サマーはブルーベースだと思うんですが、私の肌は黄色いんですけど・・・」と。

そうしたらば、先生は

「肌は確かに黄色いね。でも、それだけじゃ決まらないんだよ。」と回答してくれました。

肌が黄色い=イエローベースのパーソナルカラーというわけではないそうです。

先生も肌は黄色みがあるけど私と同じサマー(でも、先生の2ndは冬)でした。

 

結果としてはサマーになったので、好きな色である「黒」が似合わず(真っ黒は、ウィンターの色)、嫌いな色である「ピンク」系は似合う色が沢山ある、という事になりました。

もう、二十数年生きてきて、今迄避けてきた「ピンク」が、自分に似合うといわれた時の衝撃・・・!!

でも思い返すと、確かに、学生時代に一度、学祭で着たピンクTシャツがすごく似合っていたようで「もみじピンクあまり着ないのに似合うね~」と言われたことがありました。

あと、この夏に買った淡い色のピンク(ここ数年で唯一購入したピンク)のスカートもいいかんじだった・・・

ミントグリーンのパーカーも似合うって言われたことあるし・・・

たまにしか着ない色物、実は案外、自分に合っていたのかなぁと思いました。

そして黒。

大好きな黒がまさかの・・・(涙)!!

黒の服とかすごく持ってるんです・・・自分の箪笥の中の服を想像すると、少し泣けてきそうになりました(笑)

 

 

最後に、自分の持ってきていたコスメを見てもらいました。

 

私の持っているものはほぼ、春(または秋)コスメでした。

リップなんかは全滅。

唯一使えるのが1本ありそうでしたが、それも「春」向きらしく、「多分、顔がさみしい印象になっちゃう。すごくナチュラルメイクになる」と言われました。

アイシャドウは何とか「夏」向きが2個。

大好きだったものが完全にイエベ向きだったみたいで、

「これを使うと、なんか顔が黄色くみえたんです」というと、「そうだろうね~」と納得されてしまいました(笑)

好きな色、選んでいたコスメ自体がイエベばかり(とりわけ春カラー)。

結構見直す必要があるなぁ、と痛感しました。

 

先生が、夏向きのコスメを出してくださって、「こんな色を選ぶといい」と教えてくれました。

でも、やっぱり今まで選んだことないものばかりで・・・(笑)

実際に、同じブランド・同じ種類のチークで、イエベ向き・ブルべ向きのものそれぞれを出してもらって、肌にのせた状態でどうなるかも見させてもらいました。

イエベ向きのものは、コーラル系のピンク。

可愛い色で、好きな色でした。

でも、手の甲に塗ってもほぼ変化が起きない、というか発色されないかんじ。

「塗っている・・・?」と戸惑うくらい発色されない。

ブルべ向きの青みピンクは、正直、「こんなの選んだことない」という色だったんですが、反対側の手に塗ってみますと・・・

 

すごく綺麗にぽっと色づいている・・・!!!!

 

目が飛び出るくらいの驚きです。

今まで自分がつけてきたチークって、ちゃんと発色してたの・・・?と不安になりました(笑)

ブルべ夏向きチークだと色の出方が全然違うんですもん・・・正直見た目は選ばない色なのに肌にのせるとめっちゃ可愛い・・・。

 

先生からは沢山アドバイスを貰いました。

一番大好きな色:横山さんカラーの黒は「似合わない」という結果が出てしまったんですが、「好きな色だと思うから、ボトムに取り入れたら大丈夫よ」と言ってくれました。

顔から離せばいいそうです。

黒のスカートとかもいっぱい持ってるから安心しました・・・

「苦手な色も似合うってわかったからこれから取り入れればいいし、似合わないかもしれない色も、色味によっては身に着けられるよ」とも教えてくれました。

似合わない!と排除してしまうと悲しいですもんね。

私は黒が好きだからどこかに黒は入れたいし(特にエイトさんの現場には、絶対に黒は身に着けていきたい)。

黄色とかオレンジも取り入れたいと思っていたんですが、サマーだとそのままの色ではNGで、色味を考えて身に着けたらOKだそうです。

オレンジシャーベットみたいな色とか、グレープフルーツみたいな色だと似合うそう。

 

 

他にも色々とアドバイスを貰い、予定時間よりもかなりゆっくりめにお話を聞いてもらえて診断は終了しました。

デパートにあるようなところだと叶わないような、細かいお話もできたので、そこは個人の所ならではなのかな?と思います。

とても良かったです。

 

 

 

診断を受けたその足で、デパコスを買いに行きました。

誕生日前日だったもので、自分への誕生日プレゼントとして。

 

全部、一覧にしていたんです。気になるコスメを、パーソナルカラーの4分類毎に。

サマーのリストを持ち、実際に店頭に行って見て確かめて、タッチアップさせてもらって、チークとアイシャドウを新しいものにしました。

 

もう、鏡を見てびっくりです。

アイシャドウをつけると、黄色みが増していた私の顔が、普通にみえる。(今迄は、イエベカラーのものをつけていたからなんでしょうね。)

そして、透明感があるかんじになったし、華やかに見える。

 

選んだチークも、アイシャドウも、自分には似合わないかもしれないなぁとやや不安になっていたんですが、実際につけてみると似合っているように思えました。

BAさんにも「この色はすごく似合いますね」と太鼓判を押されたんです。

今迄だと「そうかな?」と疑問に思っていたのに今回は「私もそう思います」と言ってしまうくらい、いいかんじで。

本当はもう少し予算を抑える予定だったのに、意気揚々と全部購入してしまい、そこだけは反省でしたが(笑)

とても良いお買いものが出来たと思いました。

 

 

ずっとパーソナルカラーを知りたくて、今回診断を受けましたが、思った以上に納得させられて、尚且つこれから先のお洒落がとても楽しみになりました。

自分では絶対に選ばないだろう色が似合うといわれた時は驚きましたが、でも実際身に着けるとしっくりくる。

そういう色達を今迄ずっと逃していたんだと思うと残念ではあるんですが、今後はうまく付き合っていけると思います。

まだまだ勉強中なので徐々に、ではありますが、少しずつ取り入れていきたいです。

 

パーソナルカラー、今どんどん、知りたい・学びたいという人が増えていると先生は言っていました。

きっと、このブログを読んだ方の中にもいらっしゃるでしょう。

絶対後悔しないと思うので、もし近場に診断できる場所があったら是非受けてみてください。

きっと、お洋服選びやコスメ選びが今迄以上に楽しくなると思います。

私みたいなお化粧初心者でさえすごーーく勉強になったので、きっとコスメ・洋服好きのお洒落なジャニオタさんたちはもっと参考になるんじゃないかなぁと思います。

 

 

憧れだったADICTION。

ブルべ夏に似合うという、「78:Sakura Storm」と「68:Nostalgia」を買いました。

ノスタルジア、エイター的にはとても気になっていたので、嬉しいです。

とても綺麗で美しいアイシャドウです。

いっぱい使います。

チークもブルべ夏におすすめという「14:Winter Blush」。

私の頬にのせると、すごく自然に、ぽっと頬が色づきます。

 


とても素敵なものに出会えて、感謝。

これからも初心者なりに、お洒落を楽しもうと思います。

 

関ジャニ∞×劇団四季~関ジャム劇団四季特集への期待

とても寒い毎日が続いておりますね。

雪が沢山降る地方に住まわれている方は、さぞ大変な思いをされていると思います。

一日も早く、穏やかな日々が過ごせるよう願います。

世間では冬季五輪も開幕して、冬だなぁと実感している今日この頃です。

前回の冬季五輪の時は、まだ転職前で関東で働いていました。寒い中、地元に戻るために何度も往復したのを覚えています。

地元に戻ってくることが出来て良かったなぁ、としみじみ思う冬を過ごしています。

 

さて。

そんな中、色々と嬉しいニュースが。

まずは大倉くん。春からの連続ドラマに出演決定~~~~!!

巌窟王」とのことで・・・まだ情報収集不足だし、私は原作も読めてないので把握出来ていないことが多すぎるのですが。

それでも「復讐」というキーワードだけは読み取れました。

どんな世界観なのか、どんな物語なのか。

今からとても楽しみです。

 

そして、個人的に嬉しかったニュースが、「関ジャム×劇団四季」。

劇団四季の公式様から発表されたこのニュース。

四季ファンとしては、もう涙ぐむほど嬉しかったです。

私が人生で初めて観たミュージカルは「美女と野獣」。

それからずっと、四季の作品の虜です。

途中から東宝ミュージカルも追いかけていたのですが、私のミュージカルの原点は四季。

そんな四季が関ジャムに特集されようとは・・・!!

いつかあるだろうなとは思っていたのですが、実現するとこんなにも嬉しいものなのですね。

そして、セッションで披露されるのは「ライオンキング」と「リトルマーメイド」からそれぞれ「愛を感じて」と「パート・オブ・ユア・ワールド」。

思わず「うっ・・・」となりました。

とても好きな曲。素晴らしいナンバーです。

早く聴きたくてたまりません。

 

そして、今回この記事を書いたのは、「関ジャム×劇団四季」に思いを馳せている内に、「ライオンキング」「リトルマーメイド」の曲を関ジャニ∞が歌うなら・・・という妄想をしてしまったからです。

前もやった事があるのです。ミュージカル全般で。

dropblue0212.hatenablog.com

 

今回はその、劇団四季バージョンといいましょうか。

「関ジャム×劇団四季」に大きな大きな期待を込めて。

自分の考える「関ジャニ∞×劇団四季(ライオンキング&リトルマーメイド」について書いていこうと思います。

 

完全なる自己満足の世界です。

お時間がある時にお付き合いください。

 

 

まずは、それぞれの作品について少しだけ。

有名な作品ですので解説不要でしょうが、今回は四季の作品としてライトなミュージカルオタクとしての意見も踏まえて作品を紹介させていただきます。

 

「ライオンキング」

劇団四季初演が98年。(アメリカ初演が97年)

初演からちょうど今年で20周年です。

間違いなく劇団四季の代表作品だと思います。

生で観劇したという方も沢山いるでしょうし、テレビとかでも何度も特集されていますからご存じの方もいらっしゃるでしょうね。

浜松町の四季劇場でずっとロングラン公演されていましたが、現在はエリア再開発に伴い大井町の劇場にお引越ししています。

 

アフリカのサバンナが舞台のミュージカルですが、動物たちが躍動し、音楽が身体を震わせる、素晴らしい作品です。

主人公のシンバが父を失い、王になるまでを描く物語。ストーリーもまた、胸にズシンと響いてくるようで、私は毎回、観に行くたびに泣いてしまいます(笑)

作品を彩るナンバーも、本当にバラエティーに富んでいて大好きです。

関ジャムで披露される「愛を感じて」は美しいメロディーの曲ですが、ロック調の曲もあればアフリカの命を感じさせる壮大な曲もあって・・・

とにかく、聴いていて全く飽きない、凄い曲がいっぱいの作品なのです。

 

 

続いて、

「リトルマーメイド」

こちらのミュージカルは2008年アメリカ初演。

ヨーロッパ版で演出に手が入れられ、その後に2013年に日本での初演を迎えています。

日本にはヨーロッパの新演出版をベースにしたものが公演されています。

大井町の劇場でスタートし、現在は東京を飛び出て地方でもロングラン公演をしています。

 

人魚のお姫様であるアリエルが、陸の世界で出会ったエリック王子に恋をして、人間になり会いに行って・・・というお話。

四季の作品では、まるで絵本のような可愛らしいセットで、アラン・メンケンの美しいナンバーが輝きます。

衣装とセットが本当に可愛いんです。絵本を見ているかのような、愛らしくてキュートなセット。

海の中のセットも好きなんですが、エリックのお城に行ってからのセットがとっても可愛い。

初演はじまってすぐ、大好きな「リトルマーメイド」を観たくてしょうがないのにチケットが無くて、粘って粘って当日券で観に行って号泣したのを覚えております。

曲も好き。

セッションで披露される「パート・オブ・ユア・ワールド」も素敵な曲です。

バンドアレンジとのことでどんな風な形で披露されるのか今からとても楽しみにしております。

 

 

さて。

そして本題、私が考える「劇団四季×関ジャニ∞」について。

色々と考えたのですが、あくまでもライトなオタクが考えたものだと思いながら見ていただけたら助かります・・・!!

音源は、四季の公式のから引っ張ってきております。

リンク先に飛ぶともう少し長く視聴できるかな?と思いますので、気になる方はリンク先も是非とも。

 

 

 

丸ちゃん:「ライオンキング」より「覚悟しろ(原題:Be Prepared)」

覚悟しろ

覚悟しろ

  • provided courtesy of iTunes

 丸ちゃん=スカー がすぐに思いつきました。

やられ役とかじゃなくて、この曲を歌っている姿が。

主人公シンバの父・ムファサの弟であるスカーが、ムファサを失脚させて俺が王様になってやるんだ!と歌っている歌です。

有名なハイエナダンスが途中であるナンバーです。

 

私は「ライオンキング」だとスカーが大好きで。一番好き。

この曲も大好きで堪らなくて、ずーーーっとスカーを観ています。ハイエナダンスの時もスカーをロックオンして観ています。スカーはノリノリで上から(岩?のセットで上の方にいるんです)眺めてるんですよ。

それがすごくかっこいいんです。

音源だと入ってないんですが、最後、高笑いしながら暗闇に下がっていくんですが。もう最高にかっこいいのです。

 

丸ちゃんは体全部で歌っている人だと思うし、ミュージカル向いてると思う。

身体も大きいから見栄えがするし、四季衣装でなくてもいいから(結構すごいメイクと衣装なんです。動物役だから。)、この曲を歌って「王者」の風格を漂わせてほしい。

 

 

 

 

横山さん:「リトルマーメイド」より「一歩ずつ(原題:One Step Closer)」

一歩ずつ

一歩ずつ

  • provided courtesy of iTunes

 アリエルは、人間の足を手に入れるために自分の声を魔女のアースラに渡してしまうのです。だから、エリックと会えても話せない。

でもエリックは、気持ちは言葉だけで通じ合わせるものではないと言ってくれるのです。

エリックがアリエルに語り掛けながら一緒に二人が踊る素敵なナンバーが、この曲です。

 

横山さんは、「ライオンキング」の「早く王様になりたい」をニコニコで歌っているのも思い浮かんだんですが、この曲で優しく歌って、優雅なダンスをしているのも見てみたいです。

この曲のダンスシーンが本当に素敵なんですよ・・・

おとぎ話の可愛い美しい世界で二人が踊るんです。素敵な曲です。

自担の贔屓目では?とはどうか言わないでくださいね・・・めっちゃ観たいし聴きたいんです・・・!!

 

 

 

 

 

すばるくん:「ライオンキング」より「シャドーランド(原題:Shadowland)」

シャドウランド

シャドウランド

  • provided courtesy of iTunes

王であったムファサがなくなり、スカーが王となって荒れ果てた故郷。

シンバのガールフレンドであったナラが、故郷を思いながらも旅立ちへの決意をするナンバーです。

 

とても美しい曲です。

そして悲しくて、でも、最後、暗闇の中で浮かび上がるナラに力強さと勇気を貰えるような、そんな曲です。

すばるくんが歌うなら、この曲がいいなぁと思います。

世界が、一瞬で出来てしまいそう。

美しくて、涙が零れてしまうような世界なんだろうな、と思います。

 

 

 

 

 

村上くん:「リトルマーメイド」より「マエムキニ(原題:Positoovity)」

マエムキニ

マエムキニ

  • provided courtesy of iTunes

 村上くんはこれかなぁ、と思い浮かんだこの曲。

アースラの力で人間の足を手に入れたアリエルなのですが、陸に上がって歩けず困ってしまいます。

そんな時にアリエルの友達のかもめのスカットルが元気づける歌です。

 

コミカルでくすっとくるようなナンバーなのですが、この曲はタップダンスがあるのです。

軽快に踊るスカットルとその仲間たちには大きな拍手を送りたくなります。

村上くんならタップダンスをかっこよく決めてくれそう。

絶対かっこいいと思う。

スカットルはかもめなので全身白~~!!みたいな衣装なので、そこはふつうに人間の衣装でいいので(笑)、タップをしながら歌って欲しいです。

 

 

 

 

 

ヤスくん:「リトルマーメイド」より「パート・オブ・ユア・ワールド」

パート・オブ・ユア・ワールド

パート・オブ・ユア・ワールド

  • provided courtesy of iTunes

 ヤスくんはこれかなぁ、と思います。

アリエルは、大事な式典で歌う予定をしていたのですがそれをすっぽかしてしまい、お父さんのトリオン(海の王)に怒られて海の上に行くことを禁止されます。

アリエルが自分の宝物がいっぱいの場所で海の上の世界への憧れを歌う曲なんです。

ヤスくんは海の上の人ですけど、海が大好きだと思うし、なんだかいつか海に返っていってしまいそうな、陸と海の真ん中にいるような気がします。

そんなヤスくんなら、アリエルの気持ちを感じながら歌ってくれそう。

あと、単純にとても聞きたいという気持ちがあります・・・(笑)

大好き。ディズニーの曲の中で一番好きかもしれません。

 

 

 

 

錦戸くん:「ライオンキング」より「終わりなき夜(原題:Endless Night)」

終わりなき夜

終わりなき夜

  • provided courtesy of iTunes

 父を失って故郷を出たシンバは大きくなるんですが、とある事で仲間を失いそうになり、そこで父の死を思い出すんです。

夜、一人思い悩むシンバは父との約束を思い出し、この歌を歌います。

故郷にいたラフィキ(ヒヒ)はこの歌が聴こえてきて、「シンバは生きている!」と希望を持つのです。

そんな、大事な大事な場面で歌われる歌です。

錦戸くんは色々と悩んだのですが(リトル・マーメイドのアースラの歌とか、ライオンキングのハイエナの歌もどうかなぁと思いました)、この歌が合うのかな、と思い選曲しました。

良い歌です。彼の声で聴いてみたいです。

 

 

 

 

 

大倉くん:「リトルマーメイド」より「あの声(原題:Her Voice)」

あの声

あの声

  • provided courtesy of iTunes

 大倉くんはエリックかなぁ~とずっと思っています。

アリエルは、エリックが海で溺れたのを助けたことをきっかけに、エリックに恋をします。

エリックは溺れて意識がありませんから、助けられたのが人魚のお姫様だと知りません。ただ、アリエルがその時に歌っていた歌声だけは覚えていて、それが忘れられず、自分を助けてくれた人を探そうとします。

声だけしかわからない愛しい人を探し出す、というロマンチックな歌なのです。

これは大倉くんの声で聴きたい・・・!!

たぶん、エリックの青い王子様衣装もとっても似合うと思う。

 

 

あと、これは番外編?というか何というか。

やすばにこの曲を歌って欲しいです。

「ライオンキング」より「愛を感じて」。

愛を感じて

愛を感じて

  • provided courtesy of iTunes

 すばるくんがシンバで、ヤスくんがナラかなぁ・・・。

セッションで歌われる予定ですが、すごく美しくて大好きな曲です。

是非とも歌って欲しい。

 

 

 

私が考える「関ジャニ∞劇団四季」はこんなかんじです。

とても楽しかった。

本当は声質とかキャラクター性とかそういうのも考慮すべきなんでしょうけれども、私の持つ彼らのイメージとか歌声のかんじだけで選んでしまいました。

今回は「ライオンキング」と「リトルマーメイド」に限定して選曲しましたが、いつか四季全体の曲で、この人にこれ歌って欲しい~とか考えてみたい。

読んでくださった方で、「この曲はこの人~!」とかあればぜひ教えてください。

 

それでは、今回はこのあたりで失礼します。

寒い日が続くようですが、どうか皆さん気を付けて過ごしてくださいね。

 それでは。

村上くん、お誕生日おめでとうございます。

少し間が空きました。

今年の冬はとても厳しいものになったなぁと感じています。

大雪とはほぼ無縁の地域で育った人間ですので、雪が降るだけで「明日仕事行けるかな・・・」と心配になってしまうのですが、今年は例年以上に雪が降るし、寒いです。

こんなに寒かったっけ、私の地元。と何度も思いながらここ数日過ごしています。

 

さて。

前置きはここまでにして、本日は!!

私の大好きな関ジャニ∞の、村上くんのお誕日でございます。

メンバーのお誕生日をお祝いしたいと思いながらもいつも遅刻してしまっていたのですが、今年はきちんと、当日に記事を書くことも目標にしたいです。

毎度ながら、他のブロガーさんのように「読みやすい」とか「面白い」とかそういうのとは無縁の、ただただ、思いを垂れ流しているだけのお祝い文です。

時間のある時に読んでやってくださいませ。

 

 

 

 

おめでとうございます。

36歳。

これで年上3人がみんな36歳になったんですね。

でも、4か月経たないうちに横山さんが年を重ねられるから、ちょっとしかない3人一緒の年ですね。

 

素敵な1日になったでしょうか。

村上くんバースデーに被ったレコメン、私はリアタイ出来ないのと、録音するツールを持ち合わせていないので聴けていないのですが・・・そこでどんな風にお話していたんでしょうか。

忙しいんだろうな、というのはとても思います。

レギュラー番組を沢山抱えて、村上くん自身はそんなにお話されないけれども、共演された方から彼がとても努力家で勉強もしているという事も語られていて。

本を読むことも、ただ道楽のためだけじゃなくて、自分の蓄えにしよう、仕事に活かせるようにインプットするんだという風に読むことは、とても労力がいることだと思うし、新聞を読んだり、ネットで情報収集したり、きっと色々なツールで学ばれているんだろうな、と思います。

いつ時間があるんだろう、と思うし、その時間を作るために最大限努力しているんでしょうね・・・

近々だと、ご自身がされている舞台もあるし、その準備も並行すると、きっと毎年、ゆったり出来る誕生日ではないんじゃないかなぁ・・・。

そんな忙しい中でも、沢山の幸せをファンに届けてくれる彼がとても好きだし、とても尊敬しています。

 

昨年の村上くんのお誕生日記事を読み返して思ったのですが、やはり、私は村上くんの、人の話を聞くことの真摯さがとても好きなのだと思います。

 

私の好きだった「村上信五とスポーツの神様たち」は終わってしまったけれども、年末にあったスポーツの特番で、選手たちのお話を真摯に聞く姿がとても素敵でした。

村上くんは、そのキラキラした目で選手をじっと見ていらっしゃいました。

でもただ凝視してるわけじゃなくて、話を聞きたい・聞き出してやろうという思いが伝わるような、そんなかんじで。

そういう彼を見ていると、私でさえ彼にお話を聞いて欲しいし、選手たちもとても気持ちよくお話が出来るのだろうな、と思います。

 

ただ目を見るならだれでも出来るのです。

でも、そこから人の思いを聞き、話を広げ、みんなが笑顔になるのは、村上くんの凄いところで、素晴らしい力だなぁ、と思います。

 

すごく残念なのは「村スポ」が終わっちゃったことで、もうスポーツ選手と村上くんがお話する機会を定期的には見れないのですが、先日の「SONGS OF TOKYO」でも色々なアーティストの方とお話されているのをみて、私は村上くんのこういう姿がとても好きなのだなぁと改めて思いました。

 

今年も、また「SONGS~」とか「なわとび(タイトル忘れました)」みたいな、彼しか出来ないお仕事はやってくるだろうし、きっとそこでもまた素敵な村上くんを沢山見せてくれるだろうなぁ・・・と。

期待しております。

 

でも、どうか身体には気をつけて。

元気でいて欲しいなぁ、と思います。

 

そして、司会者をこなす村上くんも好きなのですが、関ジャニ∞の中の時にメンバーのお母さんのような、お兄さんのような、親友のような、年相応の優しくて無邪気な彼も見たいですし、ステージでキラキラ輝く彼も見たいので・・・

関ジャニ∞としての彼も沢山沢山見れたら嬉しいです。

 

 

村上くん、おめでとうございます。

素敵な1年を。素敵な時間を過ごしてくださいね。

2018年おめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。

本日より2018年。

今日は毎年恒例、広島名物のアナゴ入りの雑煮を食べました。

とろっとしていて脂がいいかんじで、すごく美味しいのです。

 

さて。

紅白、楽しかったですね。

 

泣きながら呟いてたのですが、まだ楽しい気持が残っているんです。

すごく幸せだった。

そして、年越しはジャニーズカウントダウンを観ながらするつもりだったのに寝てしまいました。

昨年同様起きれませんでした(笑)

カウコン自体、応募してみたのですが落選で。

最早くじ的な倍率だし、「う~~~ん」と思ったりはしてたのですが、結局大晦日になって喘息がひどくなったり、眠気に耐えられなかったりしたので、もう少し健康になってから出直して来いという事なのだろうなぁと思っております(笑)

そもそも「ペコジャニ」でさえ起きれませんからね・・・

よく22時からの「ON」を毎週リアルタイムで観れていたなと思います。

年々、夜起きれなくなっております。

 

 

 

さて。

私の話は置いときまして・・・改めて、昨年のお礼と新年を申し上げたいと思います。

 

Twitterでも呟いたのですが、私の2017年は、関ジャニ∞に初めて会えた1月14日の京セラドームでの「関ジャニ’s エイターテインメント」から始まりました。

今でも覚えてるのですが、ドームの人混みにびっくりして、人酔いして半分過呼吸になったり、音の大きさにびっくりしたり・・・

何より、関ジャニ∞って本当にいるんだなという所に一番驚き、そして感動していたなぁと思います。

一緒に行ってくれた友人がいまだに言うのですが、第一声が「きゃー!」じゃなくて「え?おる(居る)?どこおる?」でしたから・・・(笑)

 

前の職場で色々とあり転職してどん底だった私を救ってくれたのは、関ジャニ∞の7人です。

彼らの笑顔と、元気と、輝いている姿に沢山のものをいただき、とても楽しい1年を過ごすことが出来ました。

 

お仕事で学会で発表する機会を頂いたのですが、ギリギリまで別件の仕事も同時進行でしていて、追い詰められている時に「RAGE」を沢山聴きました。

 

♪決戦のステージを この手につかみとれ

 

この歌詞を聴くと、すごく勇気が湧いてきました。

結果、お褒めの言葉を沢山いただけたので・・・やって良かったです。

 

しんどいなぁと思った時、楽しいなぁと思った時。

色々な感情を、昨年も感じましたが・・いつも、自分のそばに彼らの音楽がいてくれたような気がします。

「ジャム」という素敵なアルバム。嬉しくて、何度も聴きました。

シングルもどれもすごく好きだった。

 

横山さんの舞台で久しぶりに大好きなシアターコクーンに行けたし(通ってた時と変わってないかんじが嬉しかったです。)。

ドームに足を運んで、田舎者としてはドームがある大きい街を歩くのもとても楽しかったです。

 

私があえてここで振り返らずとも、エイターさんみんな、すごく感じてらしてるんでしょうが、7人ともすごく輝いていた1年だったんだろうな、と思います。

それを、ファンとして見届けることが出来たのが本当に嬉しかったです。

 

これからも、どうか、健康で、元気で、笑顔でいて欲しいです。

今年は201∞だから。

私たちファンも彼らに負けないようについていくから、7人が「∞の年やった!」と笑顔で言えるような、そんな年になればいいなぁと思います。

来年も宜しくお願いしますね。

 

 

 

そしてそして。

何より、昨年はTwitterやブログでエイターさんと沢山お話出来ました。

 

ありがとうございました。

Twitterでも大晦日にご挨拶させてもらったんですが、すごーーく楽しかったです。

 

Twitterでもお伝えさせてもらったのですが、皆さんとお会い出来て良かったです。

今年も、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

ひとまず、自分の当面の目標は「健康でいる」です。

昨年度は喘息のコントロールが全くできず、ほぼ丸1年、薬を飲み続けていました。

コンサートとかでお会いした時に私が咳き込んでるので心配してくださった方もいらっしゃいますし、Twitterでも気遣う言葉をかけてくださる方も。

ありがとうございました。

今年は、健康で居られるように体つくりをしていきたいです。

看護師なんですけどね・・・医療者の不摂生ですね。

頑張ります。

お仕事の方も、引き続き頑張ります。

 

 

興味があるものも沢山あるし、今年も自分の体と相談しつつ、現場に足を運ぶことが出来たらいいなぁ、と思います。

関ジャニ∞のツアーがありますように・・・!

次こそ札幌に行きます(なるべく叶えたい)!!誰かご一緒してください・・・!!(笑)

 

目下、近いスケジュールでいいますと(あくまで希望なんですが)一般でチケットが取れたらWESTくんに行きたいです。激戦かな。無理だろうなぁとは思うのですが。

神ちゃんに会いたいです。

 

今年も、皆さんとどこかでお会いできるのを楽しみにしております。

よろしくお願いします。

お誕生日おめでとうございますtoほほえみコンビ

 

丸ちゃん、お誕生日おめでとうございます。

そして、錦戸くん。すごく遅くなったけど、お誕生日おめでとうございます。

 

タイトル通り、今回はほほえみコンビの錦戸くんと丸ちゃんに、おめでとうを伝えたくて書いております。

錦戸くんなんか11月3日なのに。今更すぎますよね。

でも、でも、錦戸くんのお誕生日の時にタイミングを逃してしまいおめでとう記事を更新出来なかったので・・・

ほほえみコンビのもう一人、本日お誕生日を迎えた丸ちゃんと一緒に、ここでお祝いさせていただこうと思います。

 

 

まずは錦戸くん。

11月3日で33歳になられました。

おめでとうございます。

 

錦戸くんは、私の中ではずーっと「俳優の錦戸亮さん」でした。

てるてる家族」は母が観ていて「可愛い子が出てるのよ~」って言っていましたし、「がんばっていきまっしょい」「1リットルの涙」もリアルタイムで観ていました。

当時高校生の私にとっては、錦戸くん演じる関野くんや麻生くんがすごく眩しかったのですね。

麻生くんの劇中でのセリフが、私の記憶に強烈に残っていて、今思い出しても泣いてしまいそうになるのですが・・・。

研修医か、医学生か、とりあえず若い医者が、主人公の病気に対して勉強不足で主人公を傷つけてしまう、という場面で、麻生くんが「もっと勉強してください」っていうシーンがあったのですが、

その時の錦戸くんの表情、声、言い方、もう全部が、心に突き刺さったようで。

私は医療者の端くれとして働いているのですが、学生時代から今でも、ふと、この言葉が頭をよぎることが何度もありました。

戒めではないですけど、あのシーンがリフレインされて、ちゃんとしなきゃな、勉強はしても足りないくらいなんだろうな、と思って、自分を奮起させていました。

放送から10年以上たちますが、これからもあのシーンの事はずっと忘れないだろうな。

 

そんな、私にとっては「俳優」の錦戸くん。

関ジャニ∞にいるというのは知っていたけど、彼の「アイドル」という面を知ったのは、エイターになってからです。

 

エイターになってから知った錦戸くんは、キラキラと輝いていて、かっこよくて、30代の男性としての色気を纏っていて、何でも出来そうで。

完璧超人みたいなかんじにみえるけど、でも、実は不器用な面がある、可愛いくてかっこいい、みんなの弟なんだなと、知りました。

 

錦戸くんがメンバーそれぞれに見せる姿が、可愛くてかわいくて。

愛おしいなと思ってしまいます。

それに、すごく、メンバーのことが好きなんだなぁというのが伝わってきて・・・

この記事を書くために、きょう一日、ほほえみコンビに着目して過去作品を洗っていたのですが、もう、錦戸くん可愛すぎませんか・・・?

可愛くて泣けてきてしまいました。

若いころからお仕事をしてきて、沢山悩んだり、苦しんだり、色々な事があったんだろうなと思います。

色々な事を経験して、乗り越えて、輝き続けている人を、現在進行形で応援出来ていることにとても幸せを感じます。

 

 

錦戸くん。

お誕生日おめでとう。

愛おしくて可愛くて、かっこいい。

生み出す曲は、機械のように緻密だけど血が通っている。

ギターは男らしいけど、繊細さが見え隠れして、心をとらえて離さない。

見る人を惹きつける、輝きとオーラに、私は目を奪われます。

貴方の今を応援出来ること、嬉しく感じます。

 

33歳のこれからも、どうか幸せに。元気で過ごしてね。

 

 

 

 

 

 

そして、丸ちゃん。

 

34歳のお誕生日、おめでとうございます。

 

私の周りの丸ちゃんファンの方って、すごく優しいんですよね。

直接お会いした方も、そう。

みんな、丸ちゃんの事が大好きなんだなぁと思うし、直接お会いした方から丸ちゃんのお話を聞いている時の、まるたーさんのお顔。

丸ちゃん、貴方ファンに何という顔をさせてるの?っていうくらい、すごーーーく優しくて、丸ちゃんが大好きだということが、こちらが泣きそうになるくらい伝わってくるのです。

 

きっとそれは、丸ちゃんが、ファンに沢山の愛を届けてくださっているからなんでしょうね。

目に見えない部分、心から心に届く、深いところまでの、温かい愛を。

 

 

 

Twitterにもこう書いたのですが。

 

丸ちゃんの愛は、温かいです。

声が、とても好き。

先日の関ジャムで歌った「鯨の唄」は、これから先も私の道を照らしてくれると思う。

心が震える、かっこいいベースが大好き。

 

勿論、丸ちゃんのギャグも大好きです。

ドームでできる「ぱーん!!」。

あの一瞬、たった一瞬なのに、なんでこんなに幸せな気持ちになれるんだろうっていつも思うのです。

 

丸ちゃん大好き。

34歳のお誕生日おめでとうございます。

どうか、幸せな1年を過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

毎度毎度、まとまりのない文章で申し訳なくなります(笑)

 

 

このブログ、何と先日開設して1年を迎えました。

びっくりです。

ここまで続くとは思っていなかった・・・

 

最近は更新がめっきり減ってしまったのですが、それでもぽつぽつと、訪れてくださる方がいらっしゃるのがとてもありがたいです。

ありがとうございます。

 

今後もきっと、更新頻度は決して高くないとは思うのですが・・・

それでも、ここで思いをまとめたり、皆さんと思いを共有できれば、幸せです。

 

これからも、宜しくお願いします。