読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

横山さん、お誕生日おめでとうございます。

 

本日は、エイターの皆さまにとっては嬉しくて、おめでたい日だと思います。

 

横山さん、36歳のお誕生日。

そして、関ジャニ∞の2016~2017年にかけてのコンサートツアー、「関ジャニ’s エイターテインメント」DVD&Blu-rayのフラゲ日。

 

いやぁ~~~めでたい(*’▽’)!!

うわーーい(*’ω’*)!!

 

・・・とテンションをいつもより上げて書きたいなと思っていたのですが、無理そうなのでいつも通りいきます。(笑)

 

 

横山さん、36歳のお誕生日おめでとうございます。

今日は休演日だからゆっくり休めているでしょうか・・・

初日から駆け抜けて、少し休んで、また明日から素敵な門前をみせて欲しいです。

 

メンバーのお誕生日の記事を書くのはこれで何度目になるんだろう?と考えて、振り返ってみたのですが、ブログを始めたのは昨年11月。

丸ちゃんが最初だったから、村上くん、横山さんと続いてこれで3度目。

ファンになったのが昨年7月なので、まだ1年も経ってないんですね・・・不思議なかんじですが、それぐらい、いわゆる「ジャニオタ」になってから楽しい事が多かったんだなぁ、と思います。

1年も経ってないのに、非常に濃い日々だったな、と思う。

楽しかったし、すごく幸せだった。

あの時、「ON」を見てなかったら絶対に関ジャニ∞のファンにはなってなかっただろうと思う。

「好き」なジャニーズではあったけど、「ファン」では無かった。(いわゆる「好きな芸能人」という括りでした。)

関ジャニ∞を好きになってなかったら、自分どうなってたんだろう、と、最近とても思うのです。

横山さんにおめでとう、と伝えたくて書き始めたんですが、折角なので、自分が関ジャニ∞を好きになってから変わった事というか、自分の変化を少し書き記してみたいと思います。

自分が変われたのも、横山さんが出演した「ON」がきっかけ。横山さんがきっかけなのです。

私事を書くのは恐縮なのですが、横山さんのお誕生日である今日しか書くタイミングは無いだろうと思うのでちょっと書いていきたいと思います。

 

 

①笑顔が増えて、明るくなった(気がする)

 

 自分で言うのも何なんですが、私は明るい性格の人間ではないと思います。

クラスでも大人しい、隅っこにいるタイプの人間で、間違っても友人は多くないし、お洒落じゃないし、可愛くない。

大学やサークルで色々な世代の人と関わるようになり、少し改善はされていったのですが、基本的なものは変わらず、でした。

仕事だと、大丈夫なんです。

よく、「笑顔がいいね」とか「明るいね、人見知りしないでしょ」と言っていただけるんですが、それは白衣を着てたり、仕事着を着て、「看護師」を名乗っているから。

心理学的にいうと、「ペルソナ」っていうかんじでしょうか。白衣を着ると変われるのです(笑)

ですが、いったんプライベートになると・・・

実に笑顔が少ない人間でした。

 

関ジャニ∞のファンになって、笑顔が増えました。

彼らが出ている番組とか、以前のコンサートのDVDとかを見ていると、とにかく「笑顔」になれました。

笑えるし、面白いし、かっこいいなと思うし、素敵だなと思うし・・・

そういう、プラスの感情というのでしょうか。そういった感情を感じて、笑顔になる機会が増えました。

笑顔でいる機会が増えてくると、いつしか仕事場でも笑顔でいれる時間が増えました。

看護師として、仕事として、「繕って」笑うんじゃなくて、自然に、気持ちのまま笑えるようになった。

心から面白くて、声を出して笑う事が増えたし、職場の人とのコミュニケーションもやりやすくなった。

 

先日、「明るくなりましたね」と10年近く付き合いのある後輩に言われました。

暫く会ってなかった後輩だったので、前の私と比較して、「明るく」なったんだと思います。

とても嬉しかった。

関ジャニ∞の笑顔も見ていると私も笑顔になれて、笑顔効果で良い事ばかり起きています(笑)

本当に幸せだと思う。

 

 

②外に出る機会が増えた

 

 これは100%言えることなんですけど、外出する機会が格段に増えました。

それでもまだまだ引き籠りなんですけども(笑)、でも、前より外に出たいとは思うようになった。

 

関ジャニ∞のコンサートとか、彼らが出演する舞台とかに行きたくて。

とにかく、音楽や舞台、そういうのに触れてみたくて仕方なくなってしまいました。

 

地方柄、遠征するしかほぼ彼らに会う手段がありません。

でも、それがとっても楽しい。

外に出たくないとさえ思っていたのに(笑)、今じゃ次の遠征を考えることが楽しくてしょうがありません。

 

 

外に出る機会が増えてくると、今度はお化粧とか、自分を磨くことも楽しいなと思うようになりました。

 

お恥ずかしながら、私はつい最近までお化粧とか恋愛とかに全くもって興味がありませんでした。

恋愛なんか、少女漫画読むくらいで実際は・・・(笑)

化粧も、そんな塗りたくってどうすんの?みたいに思っていて。(偏見だったと、反省しています。)

付き合うとか、結婚とかどうでも良いなぁ、面倒だなぁ、と思っていました。恋愛めんどくさい、と。

自分磨きしている同級生とか見てて、「ふーん」て思うだけでした。

お化粧品とか美容代につぎ込むくらいなら、自分の好きなミュージカル観たり、本買ったりする方がよっぽど良いじゃないか、とか思っていたので、本当にびっくりするくらい何もしてこなかったんですよ・・・(笑)

 

だから、この年になって、お化粧にも興味が出てきたし、恋愛もしたいなぁとか思うようになりました。

遅いよ!と言われてしまいそうなんですが・・・(笑)

 

絶対美人じゃないし、性格も明るくないし、コンプレックスだらけなんですけども・・・

でも、自分なりに綺麗でいたいし、明るく生きたいなと思うようになりました。

結婚願望とか全くないし、恋愛も今すぐどうこうとかじゃなくてゆる~いかんじで捉えているのですが、自分なりに少しずつ人と関わって、恋愛したりしてみたいなぁとか思っています。

20代半ばも過ぎて何を言ってんだ状態なのですが、なにせ数年遅れてるので・・・(笑)

取り戻すのに必死です(笑)

 

 

③毎日を頑張ろうと思えるようになった

 

 私が現在勤めている職場は、新卒で入って一度転職し、自分にとって二つ目の職場になります。

お恥ずかしながら、以前の職場で人間関係で精神的に参ってしまい、大好きだった職場を去ることになってしまいました。

自分にとっては本当にしんどい出来事でした。

看護師を目指す人間にとって最大の山場である国家試験の時にでさえ、「受かればあの職場に行けるんだ」とまで思っていたぐらい、大切な、大好きな事が勉強できる職場だったので・・・

 

大袈裟だと言われそうですが、あそこの職場が私の全てでした。

どれだけ残業しても、夜勤で休憩が無くても、勉強会や記録で忙しくても、全部楽しくてしょうがなくて、新卒で入ってから転職するまで、私のすべては仕事でした。

人間関係でトラブルに見舞われ精神的に参ってしまい、このままでは生きていけないかもしれないというレベルになってしまって(情けない話ですが)、転職を決意しました。

辞めてスッキリしたのは、人間関係の部分のみです。

悔しかった。何でだろうと思いました。人間関係で辞めるとは全く予想してなかった。

そこでの仕事は続けたかった。笑われそうですが、「もう人生終わったな」とさえ思いました。

大好きだった職場は辞めたけど、看護師は辞めたくなかった。看護師でないと生きていけないと思ったし、でもどうしても看護師として「こども」に関わりたくて、今の職場に変わりました。

 

新しい職場の人はみんな優しくて・・・ありがたかった。

やる気は十分あるし、楽しかったのですが、はじめの数か月は前の職場の夢ばかり見てしまいました。

今の職場が楽しいなと思いつつ、辞めたのが夢であって欲しい、もう一度戻りたいとずーーーーっと思っていました。

「自分の全て」が無くなってしまったので、投げやりになっていて、「もうどうでも良いし、楽しい事なんて二度と無いんだろうな」とまで思っていました。

卑屈な人間だったと思います。

でも、ずっとそう思っていました。

 

転職から1年と少し経ち、それでも諦めきれずにウダウダしていた昨年度。

転機が訪れたのは、7月です。

「ON」の横山さんを見て、ぐっと惹きつけられて、気が付いたら関ジャニ∞のファンになっていました。

 

関ジャニ∞のファンになってから、今まで見ていた世界がびっくりするくらい鮮やかな色に見えることに驚きました。

楽しい事なんてもう無いだろうなとさえ思っていたのに、世の中に楽しい事が山ほどある事に気づきました。

音楽、TV、ドラマ、映画、諸々。

関ジャニ∞が出演しているものを見たり、それに伴い今まであまり触れてこなかったTVを見るようになり、他の媒体にも触れるようになり・・・

世の中がこんなに楽しい事でいっぱいだとは思わなかった。

TVの中で、DVDやCD、彼らが出した作品の中で、7人が歌ったり、踊ったり、笑ったりする姿を見ることだけでも十分楽しいと思えた。

楽しい事を知って、毎日本当に楽しくなった。

 

でも、コンサートに行ったらもっと楽しくて、そして幸せな事が待っていました。

ステージの上にキラキラと眩しいくらい輝いている7人が立っていて、

会場中が7色の光で輝いていて、

音が風のように身体に吹き付けてくる。

 

きっと、私は初めて関ジャニ∞のコンサートに行った日は、二度と忘れないと思います。

あんなに楽しくて、幸せな気持ちになれる日がまた来るとは思わなかった。

 

 

関ジャニ∞を知って、楽しいな、幸せだなと思う事があって、毎日を生きていくことも楽しくなったような気がします。

「明日も頑張ろう」と思えるようになった。

またコンサート行きたいな、7人に会いに行きたいなと思えるようになりました。

 

自分の中で、まだ、あの職場の事は諦めきれてはいません(笑)

一生忘れないだろうな、とは思うのです。それぐらい、大切な職場でした。

でも、それ以上に、今、仕事が、毎日が楽しくて仕方ありません。

 

前の職場の同期とは、自分一人リタイアしたことが情けなくてずっと連絡していませんでした。

先日、しばらくぶりに連絡を取りました。

「今、楽しい?」と聞かれました。

転職前に、私の相談に乗ってくれた同期にそう聞かれて、「すごく楽しいよ!」と答えることが出来ました。

自分の中でずーーーーっと引っ掛かっていたものが、やっと取れたような、そんな感覚でした。

 

今は、自分なりに、毎日を楽しく、前向きに過ごすことが出来ていると思います。

 

 

 

関ジャニ∞に会えて本当に良かった。

横山さん、「ON」というきっかけを作ってくれて、ありがとう。

 

自分語りになってしまったので、最後にまとめというか。

改めて、7人にお礼を言って、そして一番言いたい、横山さんへのおめでとうを書き記して終わりにしようと思います。

 

 

 

関ジャニ∞の皆さんへ。

 

私に、元気をくれて、笑顔をくれて、ありがとうございます。

 

またコンサート行きたい、そのためにも毎日頑張ろう!と思わせてくれて。

優しくて、賢くて、私に沢山のものを教えてくれるエイターの皆さんに出会わせてくれて。

今まで見たことが無かった鮮やかな色の世界を見せてくれて。

沢山の幸せをくれて。

 

本当にありがとう。

 熱心なファンとまではいきませんが、これからも応援させてください。

 

貴方たちの音楽があれば、笑顔があれば、きっと私はこれからも、自分なりに明るく、楽しく生きていけると思います。

だからどうか、7人には温かい場所で笑っていて欲しいな、と思います。

優しくて不器用な彼らが、少しでも多く、笑顔でいられる時間を過ごせるよう、願います。

 

 

そして横山さん。

ストイックで、一生懸命で、不器用で、照れ屋で、優しい貴方が大好きです。

 

本当はもっと、彼を表す上手い言葉があるのかもしれませんが、自分にはこういう言葉しか見つかりません。

関ジャニ∞のファンになってから、何度貴方の頑張る姿、まっすぐな言葉、優しい笑顔に力を貰ったか分かりません。

ありがとうという言葉では足らないくらい、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これからもどうか、元気でいてくださいね。

関ジャニ∞としても、横山裕としても、沢山の笑顔でいっぱいの道を歩いて行って欲しいです。

お誕生日おめでとうございます。

上演中の「ジレッタ」や、この先の関ジャニ∞の活動等々・・・36歳になってからの横山さんの活躍を願っています。

 

誕生日、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

長く、そして読みにくく、最後らへんはポエミーな文章になってしまった・・・(笑)

ここまで読んでくださった方、すみません。そして、ありがとうございます。

 

私の周りのエイターの皆さんは優しい人ばかりで、本当にいつも助けられているし、元気を貰えています。

感謝しています。

これからもよろしくお願いします。

 

明日は、楽しみにしていた「ジレッタ」を観に東京に日帰りで行ってきます。

どんな世界が待っているのか、今から本当にワクワクしています。

とても楽しみ。

行ってきます(^^)!