読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

大事にしたいもの

関ジャニ 私事

 

明日はしゃべくりと深イイ話の放送日ですね。

リアルタイム出来るかなぁ。

二つとも普段は全く見ない番組なのですが、村上くんと横山さんが出るし、どんな風になっているのか楽しみです。

Twitterに流れてきた予告を見ると、「うわっ」という口に出してしまったくらい村上くんが素敵だったので今からドキドキしています。

本当、ダンスやら最高にかっちょいい腹筋やら、そんな素敵な姿を惜しげもなく見せてもいいの!?って思ってしまいました。

楽しみだ。

 

 

そして。

最近、ブログやTwitterの方で、文章や記事を褒めてもらうことがよくあり、恥ずかしい気持ちと嬉しい気持ちと、とんでもないという気持ちとで不思議な感覚に陥っています。

お話させていただいている方々の9割くらいが先輩エイターで(私より先にエイターになった方たちばかりで)、そういう方に褒めていただけると本当に本当に嬉しいです。

 

自分が、いわゆる「新規」という存在だということは、自分でも自覚しています。

エイターになって1年未満ですので、新規中の新規だとも。

 

エイターになり、一番怖かったのが「新規」という言葉でした。

コンサートに行きたいと思っていたけれども、ネットで「新規」という言葉を見るたびに怖くて(笑)、SMAPファンの友人Mちゃんに頼み込んで(彼女は快くOKをくれましたが)やっとコンサートに応募する決心がついたくらいです。

Mちゃんに、「もみじはどうしてそんなに怖がっているの?」と聞かれました。

でも、ジャニーズという世界は、今までは苦手としていた人間にとっては、入口を開けてみてから踏み込むまでが何とも勇気がいるものだったんです。

でも実際にコンサートに行ってみたらとっても楽しかったし、お話させていただいているエイターさんは優しい方ばかりだし・・・。

有り難いことですね。

 

私はまだお会いしたことは無いのですが、きっと、新規が嫌だなと感じられる方もいるのかな、と思います・・・。

ネット時代といえども彼らの過去の全て知ることは難しい。言い訳になるかもしれませんが、これは事実だと思います。

ファンになった夏から今までのことでも、把握しきれていないものがあると思うし。

彼らが活動する媒体が多すぎて、私にはとてもではないですが拾いきれないんです。

 

でも、新しく彼らを好きになった人間は、彼らのこれからもそうだけれども、彼らが歩んできた道も出来る限り辿っていきたいと思っている事も、同時に知っていただきたいと思います。

先輩エイターの皆さまの思いも全て理解する事は出来ませんし、一緒に歩んできた方だけにしか分からない思いは沢山あるかと思います。

ですが、彼らの「今」が形成されるに至った経緯を私は知りたい。

全て辿れないでしょうが、手に拾いきれるくらいのものは辿っていきたいと思います。

勉強不足ですが、少しでも彼らとファンの方たちの歩んできた道を振り返ることが出来るよう、色々なものに触れたいと思います。

 

なので、エイターさん達にお声がけいただくと本当に嬉しくて嬉しくて・・・。

ありがとうございます。

これからもどうぞ仲良くしてくださると嬉しいです。

 

昔から本が好きで、文章を書くことは得意ではあったので(運動はからっきし、勉強は・・・可もなく不可もなくというかんじでしょうか)、自分が得意だと思っている事を褒めていただけるのは本当に嬉しい。

仕事で、学会的なもので発表する機会を与えられており、それに向けてずっと準備をしていまして・・・大学時代はレポートも多かったし、研究論文も書いたし、転職前も1年に1回は長文のレポートを書く機会があったのですが、いざ発表するものを書くとなると本当に胃が痛くなるんだなぁ、と(笑)

職場を代表してなぜか私が選ばれてしまって(今の職場では新人なのに)、職場の名前も背負っているんだという事実にもぶるぶる震えてしまって(笑)

会社勤めの方でプレゼンをするとか聞いて、「すごいなー」とか他人事のように思っていたことが今、現実になっている!!という感覚でした(笑)

発表物を書くことにめげそうになった時もあったんですが、エイトの音楽に励まされたり(しんどい時は♪がむしゃら行進曲を聞いてよしやるぞー!と思っていました)、Twitterでお話させていただいて元気を貰えたり・・・

先日、やっとOKが出ました。(提出したけど返却が無いということはOKがもらえた・・・・筈・・・)

あとはそれを元に、学会で発表するだけなのです。

もうここまできたら「やってやるぞー!」という気持ちでいます。

まだもう少し準備期間はあるのですが、それも含め、しっかりやり遂げようと思います。

頑張ります。

 

前回のブログで書いたジレッタの件、ご縁があり行けることになりました。

これについても、本当に見守ってくれた人や支えてくれた人がいて、とても有り難かった。

今までも、出来る限り仕事を頑張ってきたのですが、これからも今まで以上に頑張ろうと思います。

 

応援してくれる人、見守ってくれる人がいることはとても勇気になる。

毎日を頑張るための楽しみがあることは本当に幸せなことだとも思う。

これからも、そういった人たちとの出会いや、幸せに感じるものを、大事にしたいと思います。