読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

最近のエイト事について

 少しだけ間が開いてしまいました。

その間に、色々なことがありましたね。

書きたいことが山積みなのに、書けてないことが多すぎてもどかしい。

 

 

 

はじめに触れる(笑)、程度に。

横山さんの舞台のチケットをFC枠で申込んでいたのですが自分が希望していたぶんはすべて駄目でした。

発表まで息苦しく、結果としては落選でしたが、何だかやっと息が出来たようなそんな感覚でした。

きっと荒れているだろうし、見なければいいのにお譲り関係の呟きを見てしまいまして(笑)、驚きと同時に悲しさでいっぱいになりました。

彼らが名前を出してまで反対だと主張しているものを、ファンがしている事実。

あの沢山のアーティストの名前が入ったあれを、あなたは見ていないのですか?と言いたいです。

転売サイトやオークションではない場所だけど、してる事は一緒です。

どうか、どうか、エゴサしていたとしても、彼らのことを思っている人たちの呟きが目に入るよう祈ります。あんなものを見せたくない。

彼らを傷つけることなんだと、早く気付いてほしいです。

 

舞台。

どこかで縁があり、行ければいいのですが・・・・。

高望みはせずに、見守ってくれている人、力を貸してくれている人、そういった人たちへの感謝の気持ちだけ考えておきたいと思います。

♪前向きスクリームを聴いていたら笑えてきて、自分なりの前向きで良いのかなぁ~なんて思いました。

 

 

前置きはこの辺にして。

最近のエイト事について。

 

 

①ONのDVD&Blu-rayが発売

 

先月22日に発売されました。おめでとうございます。

無事手元に届き、とりあえずディレクターズカットがある話数だけ見ました。

もう少し仕事も落ち着いたらまた続きが見たいです。

 

やっぱり、何度見ても、「これすごく面白いよ!」っておすすめするような作品では決してないんですけれども・・・(笑)

色々な人に観て欲しいなと思うし、人の記憶に残るドラマであってほしいなと思います。

視聴率的には昨年大成功した某ドラマのようにはいってなかったかもしれないけれども(そもそも取り扱うテーマが違いすぎますしね)、

でも、作り手の思いが沢山伝わるものだったし、丁寧に丁寧に、作られたものだなぁ、と思うんです。

毎年膨大な数のドラマが作られていますが、数年経っても「あの時のね」と話に上ったりして、色々な人の記憶に残るドラマであって欲しい。

エイターの皆さんにとっては忘れられないドラマの一つだと思うんですけども、一般の方にとってもそういう存在になって欲しいなと思う。

 

また近いうちにメイキングの感想(需要はないと思います。勝手に書きたいだけなんです)などなど、書きたいなと思っています。

 

 

 

プレミアムフライデー

 

我らがエイトさんが、ナビゲーターに就任。

すみません。

時代遅れだとは分かってはいるんです。でもどうしても書いておきたかった・・・!

 

 

発表があったのは22日だったでしょうか。

TLで、すごい事が起きている!と。

一部企業じゃなく、国単位で奨めている制度(制度という表現は違いますね。考え方、でしょうかね。)のナビゲーターに抜擢されるとは!

 

でも、個人的なんですけど、エイトさんってサラリーマンのような役が似合うと思うんです・・・(笑)

何でだろう。

無責任ヒーロー」「ズッコケ男道」を歌い続けてきたからなのか、彼らの親しみやすさやキャラクター性からくるものなのか・・・。

動画を見ていて、みんなスーツ似合うなぁと思ったんですけど、溢れ出るキラキラ感と一緒に、親しみやすさ、そこに居てくれるお兄ちゃん的なかんじとかも同時に感じられたのですよね。

私も、職業が特殊なので普通の会社で働く、という事は経験無いですし、全く分からないんですけども、会社にこういう人たちがいてくれると楽しいんだろうな、とか、そういうのいいよね!って彼らと一緒の目線で考えられるというか。

勿論、現実には彼らのようなイケメン集団はいないとは思っています(笑)ただ、リアルじゃないけど、リアル感があるというか、嘘くさくないというか・・・。

そういう、リアル感が彼らにはあるような気がします。

アイドルなんですけど、すごく血の通っている、汗臭くて泥臭くて、さわやかで一生懸命なアイドルといいますか。そんな風に感じる人たちだなと思うのです。

そういう人間臭い部分も、きっと彼らが選ばれた理由の一つなのかもしれませんね。

 

抜擢された理由は、それこそお偉いさんやお上にしかわかりませんけれども。

彼らの今まで頑張ってきたお仕事、積み上げてきたもの、築いてきた人脈。今頑張っている事も。

努力ひとつひとつが、小さな種になって、彼ら自身と、彼らを支える周りの人たち(ファンの方もそうですよね。)がお水をせっせとやって、芽が出て、木になって・・・

 

大きな大きな、大木のようなお仕事になりましたね。

 

動画の中の彼らがすごく楽しそうで。

「良かったね」って思ったし、「じゃあ、このお仕事を守るために、私たちに何が出来るのかな」とも思いました。

国が奨めている事ですから、ファンが出来ることなんて限られているだろうな、とは思います。

動画を見るとか(勿論公式から!)、HPを訪ねるとか。

これに関わる部分に限局したらそこなんでしょうけれども。

ルール違反をしたり、マナーを守らなかったり・・・・ファンのせいで彼らが傷ついてしまったり、「関ジャニ∞」という名前を傷つけられることがないように、しなければいけませんね。

私も、自分自身をきちんと戒めようと思います。そういう事がないように。

 

 

自分の仕事には、この考え方は適用されません。

ただ、少しでも、働く人たちが心の健康を保つことが出来たら、きっと病気やケガになることも減らせるかもしれないし(あくまでもかもしれないという話でしかないですけれども、病は気からという言葉もありますしね)、そうなれば医療者にとって嬉しいことはありません。

怪我や病気がないと働けない私たちですが、それを望んでいるわけではなく、治したい・よくなって欲しい・できれば沢山あって欲しくないのが願いなので。

一人でも多くのひとが、健康的な生活を送れるようになるよう、まずは月末金曜から。

少しずつでもこの「プレミアムフライデー」が浸透していけばいいですね。

 

 

 

それにしても動画、本当可愛すぎて言葉になりません・・・。

メンバーの呼び名も普段通りで、何だかやり取りも彼らのイメージそのままというか。

可愛くて、何度でも見てしまいます。

いやぁ、それにしても、ファンにとってもとっても嬉しいお仕事。おめでたいですね。