読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

エイトさんのライブに行ってきた(備忘録編)

関ジャニ 関ジャニ ライブ・現場感想

 

なぐりガキBEAT発売おめでとうございます。

まだ手元にありません。ツイッターを見ると華麗にネタバレが流れてきそうで怖くて流し見状態になっています。

早く聴きたいし、新年会が素晴らしいとの噂なので早くこの目で見たいです。

 

そして。

ここ数日、まるでもう半年くらい過ぎてしまったかのような感覚を覚えます。

「NOROSHI」発売、ツアー、「なぐりガキBEAT」発売・・・。

その間に年末年始の番組があり、関ジャムではエイターさんが聴きたい!観たい!と思っていた曲も披露されるし、横山さんに至っては映画の番宣もすごく出てるし・・・

きっとエイターの皆さんにとって、「NOROSHI」が発売してから今まで、すごく長く、濃く感じたんじゃないかなぁとも思っています。

こういう日々が送れること、とても幸せですよね。ありがたい。

 

横山さん担の私としては、番宣はなるべく逃さないようにとも思っているのですが、もう全然追いつけていなくて(笑)

録画して、観て、編集して・・・という作業の繰り返しで、時間がなくて観きれていない番組が沢山あります。時間がもっとあればいいのに。

映画も週末公開ですか・・・

公開日の土曜日は元々の予定で休みだったのですが、今日、急遽仕事になりそうだったところを「大事な用事があるんです!」と何とかお願いして勘弁していただきました。映画館が近くになく、電車で2時間くらいかかるところにしかないので今週しか観れそうにないのです。

映画、とても楽しみです。また感想を書きたい。劇場で関ジャニの主題歌が流れたら、きっと「うわぁ~」って思うのだろうなぁ、横山さんの二宮が楽しみだなぁ、と毎日思いながら過ごしております。楽しみ。

 

 

さて。

とても長い前置きなのですが、エイターテインメント(冬)ツアーから1週間経ち、少しだけ、備忘録のようなかんじでまとめておきたいなと思っておりまして、それについて少し書いていこうと思います。

私が行ったのは京セラ公演14日・15日のみなので、京セラだけにはなってしまいますが。道すがらのことも含め、書いて行こうと思います。

 

<地元~ドームまで>

 

新幹線で新大阪まで行きました。新幹線でエイターさんに会うかもと思っていたのですが姿を見かけず(といっても乗っていた時間自体、短かったのですが)、この時間はあまりいないのかな?と思っておりましたら、ホームに出た瞬間どこからともなく次々と現れるエイターさんたちに驚きました(笑)

 

移動の電車の中でも、ホテルにも、梅田で行ったキャラクターカフェにも、とにかくエイターさんによく遭遇しました。

考えてみれば5万人が集まるわけですから、新大阪~梅田なんかそりゃあ沢山いらっしゃいますよね。

今回のたこやきバッグを持っている方もいれば、8uppersや8ESTのバッグを持っている方も。自分が一番見かけたのはJUKE BOKのバッグかな。ふわふわしてて可愛いなと思いました。

あとは、メンバーカラ―のものをすごく持っていらっしゃることにも驚きました。すごくびっくりした。みなさん個性的でめっちゃ可愛いグッズばっかりで。

ただ、予想以上に、目立つなぁ、とも思いました。コスプレ要素の入った衣装(例としたらエイトレンジャー系の)を着ていた人が通った後に、通行人が「あれ何かのコスプレ?」と言っていたのを目撃したりしたので・・・(笑)

コスプレを否定するわけではないですが、特に大阪駅なんかはターミナル駅ですから、一般的なマナーは守りつつ楽しめたらいいですよね。

 

あとは、イメージとしてはもっとメンバーカラ―の私服を着ている人が多いのかな?と思っていたのですが、どちらかというとグッズでカラーを主張している人が多いのかも、という印象でした。

何色が一番困るというか、難しいのですかね?

一番簡単なのは赤か青・・・?難しいのは緑とか紫かな・・・?

自分は元々モノトーンや紺など寒色系が大好きで、横山さんの黒という色自体めちゃくちゃ持ってるし困らなかったのですが、一緒に行ってくれたMちゃん(SMAP担でエイトなら村上くん担)は「紫の服がない」といって紫のカチューシャをつけてくれました。

 

ここは少しマイナス発言になってしまうかもしれないのですが、おだんご頭、花冠などなど、視界を遮るような髪形の方がいて少しだけ悲しかった。

確かに可愛いとは思うのですが、やっぱり隣、後ろなどの周りの方に不快な思いをさせるのはいけないと思う。

私だけよければ、という考え方は良くない。

みんなが意識して、お互いが気持ちい良い環境を作ることが出来たらいいですよね。

 

<入場~開演まで>

 

 

 

ドーム周辺は、私の予想以上に人・人・人。

1日目はJR、2日目は地下鉄で行ったのですが、混雑具合的にはJRの方が凄かった印象です。

自分の住んでいる街の2倍以上がドームに集結している状況で、田舎者の私としては本当に人酔いがすさまじく、本気で過呼吸寸前くらいまでなりました(苦笑)

なので、夏のツアーの時は更に体調には気を付けようと思います。

満員電車が苦手な方とか、少しでも体調が微妙だった時は、タクシーを使われることを本気でおすすめします。

冬でさえああなんだから、夏はきっとやばいのは間違いない。

 

一緒に行ったSMAP担のMちゃんからは、「グッズは番号毎にレジが分けられている」と聞いていたのですが、どうやらエイトさんの場合は全てのレジで全種類買えたようでした。グループによって違うのかもしれません。

グッズ売り場の回転も早く、スムーズに入場まで行けました。

ただ、ペンライトの点灯確認は入場前に、というアナウンスがされていたのですが、人の多さで結局会場内になってしまいました。場所の確保が難しそうですが、でも点かなかったらそれこそ悲しすぎますので、次は出来る限り外で確認しておこうと思います。点いてよかった。

 

トイレ自体もすごい行列でした。

奥まで行っても、トイレ数が多いところに行ったほうが良さそうです。

開演ギリギリに行く方は気を付けましょうね。私はギリギリに行ってひやひやしました(笑)

 

 

<開演~終演まで>

本編自体のことは、別記事にまとめております。

dropblue0212.hatenablog.com

dropblue0212.hatenablog.com

 

 

特殊効果が予想以上に驚きました。特に爆発音。(こういう表現で良いのかな・・・?)

DVDなどで見て、ああいう音があるとは知ってはいたものの、14日はあまりの事にビクッと身体が反応してしまいました。

音量自体も凄いから、それも相まって若干怖かったです(笑)これも慣れなのでしょうか・・・?

 

火柱も、スタンド上段からでさえ熱さを感じました。ただ、15日はスタンド下段でしたが、ホームベース側だったせいか、全く感じませんでした。

換気の問題?

あと、私は風邪やインフルエンザ予防のためと思ってマスクをしていたのですが、数万人分の呼気のせいでドーム内の気温はわりと高めだと思います。暑すぎて外しました。

夏だとまた違ったかんじになるのでしょうか。

お茶など、熱中症対策はきちんとしておいた方が良さそうだなと感じました。

 

ペンライトの海はとても綺麗でした。

ただ、握り位置によっては無意識にボタンを押してしまっていたようで、いつの間にか色が変わっていたことが何度か。

あとはロゴ部分しか光らないのに、気づいたらロゴ部分を自分側に向けて持っていたり・・・(笑)

ペンライト自体初めてだったので、そういったところも難しかったです。ただ、やっぱり綺麗に色が変わっていく過程を見れたのはすごく楽しかった。

キングさんの時に広がる紫の海がとても綺麗で。村上くんから見えていた景色を、見たいです。

 

<終演~帰宅まで>

規制退場は、友人から聞いていたのですが、本当に最後の方になると1時間近くかかりました。

14日は、最後から2番目くらいに呼ばれたブロックにいて、尚且つお手洗いにも行ったのでドーム内にほとんど人がいない状態での帰宅となりました。

時間に余裕を持っていた方が良さそうです。お蔭で駅は混雑せずスムーズに帰れましたが。

15日は早めに呼ばれたのですが、駅の混雑はすごかったので・・・どっちもどっちでしょうか。

終演後にグッズを買ったのですが、嫌な顔一つせずスタッフさんがお会計をしてくれました。寒い中、手もむきだしで・・・ありがたかった。

 

<そのほか>

それから、今回、私は双眼鏡を持参しました。

これです。

 どなたのブログだったかは忘れてしまったのですが、おすすめされていたものを買いました。

結果、買って良かったです。

モニターでも勿論見れるとは思いますが、どうにも視点がその人からずれるのが私は違和感があって、双眼鏡だと、まぁ拡大はしてしまっていますが、視点はその方々に向いているから違和感は感じませんでした。

見え方自体もとても綺麗なので、迷われている方がいたらぜひおすすめします。

ただ、乗り物酔いが激しい人には向かないそうです。

友人に貸したら、速攻で「酔いそう」と言っておりました。

私は生まれてこの方車酔いをしたことがない人間なのでどれだけでも覗いていられましたが、体調面にも左右されそうな印象がありますので、使い過ぎには注意した方がいいのかもしれませんね。

 

 

そして。

ツイッターなどで色々と意見があがっていたエイトコール。

大阪公演に行くまで、色々な意見を目にしました。

私は、14日の方はあまりの感動で涙が止まらず言葉も出せなかったのでエイトコールが出来なかったのですが・・・(苦笑)

全員が言っているわけでは無かったし、それは当然だなと思いました。

関係者だっているし、付き添いできた人もいるし、全員を巻き込んでするのは難しいですよね。

大事なのは、まだまだ彼らの歌が聴きたい!だからアンコールする!という気持ちでは、と思います。願いをは同じなんだから、エイトコールをしても、勿論拍手をしてもいいんじゃないかな?と、私は思います。ああいうのが苦手な人だっているはず。

しない=ダメな事ではない、と思っています。

横山さんが「ひとつになりましょう」と言っているのは、手をつないで物理的な意味だけじゃなく、みんながエイトさんが大好きという思いを共有する、他の方に寄り添う、という意味も込められていると思うのです。

願いが同じで、彼らへの思いが同じなら、拍手だろうがエイトコールだろうが彼らには伝わるんじゃないかなと信じております。

 

最後に。

やっぱり私は、14日、ぐすぐす泣いている私に、「手をつなぎませんか」と言ってくださった丸ちゃん担の方のやさしさが忘れられません。

横山さんの言葉の意味を、そこでやっと理解、実感できたような気がします。

誰かとああいう繋がりがもてたこと、それがとてもありがたかったです。

ここを見てくれている人もそうだし、ツイッターでつながっている方もそうだし・・・

エイトさんのファンになってから、有りがたい事、嬉しいことばかりで、とても幸せだなぁと思います。

これからもそれは大事にしていきたいです。

 

 

 

そのほか、細々としたことを。

・関ジャムの「Black of Night」がとても素敵でした。

ヤスくんの才能をひしひしと感じました。聴いていてあれほど面白い曲はなかなかない気がします。エンドレスリピートしております(笑)

・夜ふかしをみました。横山さんが出てきた瞬間の村上さんの驚きが可愛らしかった。内容は・・・。言葉には言い合わらせない何とも言えない気持ちになりました。色々な方が私の気持ちと同じような気持ちを感じていらっしゃるようで、本当にテレビの難しさ、怖さを実感しております。村上くんのお喋りが大好きだけど、やっぱり私は彼が7人の中で無邪気に笑っているのが一番好きです。

・横山さんの番宣が多いのが嬉しい半分、彼の体調が心配です。身体は休めれているんでしょうか。ストイックなところは尊敬するのですが、無理をしすぎていないかが心配です。元気で笑顔が横山さんが見たいので、彼には体調に気を付けながら、お仕事をして欲しいなと思っています。

 

私自身も仕事が忙しく、半年先の仕事のための準備に追われていて、今必死です。

彼らの活動を楽しみに、がんばりたいと思います。