読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

思うこと。

私事

最近、通勤中に気分を盛り上げたい時に「NOROSHI」を聴いています。

やっぱり、和太鼓の音が入っているのがとっても好き。

バンドサウンドの曲だしものすごく目立っているわけではないけれど、良い味出してるんだよなぁ~。

 

 

 

さて。

先週から始まった、エイターテインメント。

SNS界隈やブロガーさんたちが感想を書いているのを見ていて、本当に始まったのだなぁ、と。

 

初日の札幌公演。

天候により札幌に行けないエイターさんたちが沢山いたこと。

頻繁にやりとりするようなエイターさんのお友達がいるわけではない私にも、その状況はSNSを見ていて伝わってきました。

「あぁ、みんな、どうにか無事辿り着けたら・・・」という気持ちでいっぱいでした。

たまたま前日に見終わったライブDVD「8EST」で、翌日の公演が台風で中止に・・・のくだりを見ていて、「翌日の公演のチケットを持っていた人たちはどれだけつらかったのだろうか・・・」と胸が痛くなったばかりで、同じような状況が起こっていることが悲しくてたまらなかったです。

一番つらかったのは当事者の方たちだと、思う。

お気持ちを理解することなんて、到底できない。

きっと、本当につらかったろうな、と思うし、計り知れない思いがあったことでしょう。

どうか、その方たちが、彼らとまた会えて楽しい時間が過ごせますように。

 

 

ライブに行けるのは、とても幸せなこと。

感謝の気持ちを持って、とにかく楽しい時間が過ごせたらいいなぁと思っております。

彼らがいてくれて、彼らの作るライブがあって、それに行けるのは本当にありがたいこと。

 

私、エイトさんを好きになる前に、とあるグループがとても好きで好きで、その方たちのライブに足繁く通っていたことがあったのです。

好きになったきっかけは、某国営放送の単発の音楽番組にそのグループさんが出ていたこと。そこからはあっという間にズブズブはまっていって、気が付けばFCに入り、ライブに通うようになっていました。

エイトさんにはとてもじゃないけど集客力では及ばなかったし(ホールクラス、それよりも下の箱の時もあった)、ライブなんて、それこそ入れないということはまず無かった。

だから、行けること=当たり前のように感じていたんです。

でもある日いきなり、そのグループが活動休止になりまして。

あの時の衝撃、本当に今でも忘れません。

あんなに心臓が冷えたのは初めてかもしれない。驚く気持ちと、信じられない気持ちとで本当にぐちゃぐちゃになった。

当たり前じゃないんだな、とそこで初めて知りました。

 

そして、最終的には・・・実は、グループの一人が脱退していたという状況が、半年ちかくおいて発表になり、とてもとてもショックで。

その時も、心臓が冷えてしまったというか、「え、もうみんなが揃う姿が見れないの・・・?」という衝撃に震えが止まらなかった。

ちょうどその時期にFCの継続の時期にあたっていたのですが、とてもじゃないけど継続出来なかった。そこから自然に、そのグループは追えなくなってしまいました。

 

そこにいてくれること、活動し続けてくれること、楽しみを提供してくれること・・・そういうのは決して、当たり前じゃない。

ジャニーズというジャンルを好きになってから、テレビや雑誌など、色々な媒体で彼らが見られることもすごくうれしくて(好きだったグループさんが雑誌に出ていることなんか皆無だった。地上波なんて、無いに等しかった。)。

ライブだって定期的にしてくれているし、個々での活動もたくさんあるし(勿論、そこに至るまでに彼らがとても努力してきて、周りの方たちも彼らを応援してきて、その結果が今だということも理解しています)。

彼らの音楽が大好きだし、彼らの人柄も好き。CDだけじゃ、ライブやそのDVDだけじゃ伝わりきらないその人たちの素敵な部分ってたくさんあると思う。それが見れるのがテレビや雑誌、ラジオだから、それらがあるのってとても大きいと思うんです。

きっと、ジャニーズ以外のアーティストを好きになった人なら共感していただけると思う・・・

だから、本当に本当に、とてもありがたいことだと思います。

この気持ちは忘れず、彼らをこれからも応援していこうと思います。

 

年末、またテレビで彼らを見れる機会がたくさんあって嬉しい!

ありがたや。

 

 

そういえば、横山さん夜ふかし出演決定おめでとうございます。

どんな顔して出てくるのかな。村上くんの反応が早く見てみたい(笑)