読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の音を聴く

好きなものについてまとまりなく書くブログ。関ジャニとか読書とか映画とか。

最初なのでとりあえず色々と。

 

 

文章を書くのは昔から好きだったのですが、最近はもっぱら読む専門で、仕事以外で文章を書くことがほとんどありませんでした。

私が学生の頃は、ブログ全盛期だったように記憶しています。現代社会の先生が「実はボクもブログを書いてるんだよ」と仰ってたくらい、ブログは色々な世代に浸透していましたし、私も、時間に余裕があった大学生の時は書いていました。今思い出してもよく毎日書くネタがあったなぁと笑えてくるくらい書いていました。

しかし時代は流れ、今はツイッターやインスタの時代となり・・・手軽にパッとアップできてそれを共有できるスタイルが流行している印象を受けます。

私も、社会人になるのと同時くらいにブログをやめ、そっちにシフトしていっていたのですが・・・この夏頃から、とある人たちを好きになり、とても久しぶりに「ブログ」というものに触れました。

いまだにこんなにブロガーが沢山いることと、こんなに溢れんばかりの気持ちが込められている文章がいっぱいだということにびっくりしました。

 

その人たちはまぁ、ブログの説明文にもあるように、関ジャニ∞なんですけども。

 

エイターさんたちのブログを読んでいて、ブログを書きたいぃぃぃ!という文章欲(そんなものあるか分かりませんが)が出てきてしまい、このようにとても久しぶりにブログをはじめようと思ったわけであります。

 

 

まさかジャニーズのグループを好きになる日が来ることになるとは夢にも思いませんでした(笑)

なんで関ジャニが好きになったかといいますと、これもまたすごく書いてて笑えてくるんですが、横山くんが出ていた「ON」を見たからであります。

東海林先輩がとてもかっこよくて、いつのまにか関ジャニ大好きになっていました(笑)

 

元々、横山くんのことは関ジャニ云々より前から存じ上げていました。

関ジャニがデビューした時に「横山くんがおるグループなんや」と思ったのを覚えているし、いろは節をテレビで歌っていたのもうっすら記憶にあります。

有閑倶楽部もクイズショウも横山くんが出ていたから見ていました。

その後は、別のアーティストを好きになったりがあり、関ジャニのことや横山くんのことは頭からすっぽり抜け落ちていたんですが・・・(笑)

 

でも、思い返せばサークルの余興で「ズッコケ男道」を踊ったり(PVを何回もみてダンスを覚えました)、「ボーイズオンザラン」をリアルタイムでみて、「この主人公暑苦しいなぁ」と思ってたり(丸ちゃんだったと知り驚きました)、錦戸くんが出てた「県庁おもてなし課」を劇場でみてエンドロールの歌で泣いたり(「ここにしかない景色」だったんですね。聞き直してみるとすばるくんの歌声で涙が出ていたことを知りました)、関ジャニの活躍を知らぬ間に見ていたのだなぁと。

「夜ふかし」「仕分け」も、ぼーっと見ていました。

今考えるとすごく勿体ないことをしていた・・・!!だから今、必死で彼らの活躍を振り返っています。

これからを知れることもすごく幸せで、楽しい。

 

関ジャニの歌を聴いていると、目の前がぱっと鮮やかになります。

私は音楽を聴いているとき視覚でイメージを捉えながら聞くのですが、関ジャニは聞いていると、白いキャンバスに次々と色が塗られていく景色が見えます。

細筆じゃなくて太い筆。ハケというんでしょうか。それで次々に見たことのないような鮮やかな色が塗られていきます。

明るい色もあれば暗い色もあり、でもどれも鮮やかで、美しいのです。

 

そして、彼らのおしゃべりを聞いていても、声が、それが飛んでいくところが、とても鮮やかに色づいていて、楽しいのです。

 

今まで見たことのないような色が見える世界。

新鮮でとても楽しく、彼らを知ってから本当に楽しくて仕方ありません。

これから先、どんな色が見れるのか。楽しみです。

最初に彼らの音楽に生で触れるのは、冬のツアーになります。楽しみだ。

 

 

こんなかんじでつらつらと書いていこうと思っています。

 

たまーに読書のことや映画のこととか、別のことも書くとは思いますが。

どうぞこれからよろしくお願いします。